子育てボランティア講座 第2回目
2月2日 木曜日 晴れ 

本日は「子育て支援ボランティア講座」5回連続講座の第2回目を開催しました。
子育て時代を懐かしく感じられる、気持ちに少し余裕のできた世代の方々が集まってくださいました。

今回のキャッチフレーズは
「地域の方!出番です!!~地域で見守る子育て応援団になろう~」です。
地域で温かく子育て世代を見守っていただけるように・・・と思いが込められています。

まずオリエンテーションでは、これから共に学ぶ仲間のことを少しでも知りあうため、お題をいくつか出して、自己紹介をしていただきました。

お題のうちの一つは「ありがとうを伝えたい人」

ボランティア活動は、依頼する人と活動する人が対等な立場でなければよい活動になりません。

「してあげてる」というのではなく、例えば赤ちゃんの一時保育の場面であれば「こちらこそ、こんなにかわいい赤ちゃんを抱かせてくれてありがとう」という気持ちになれる・・・
そんなボランティア活動をしていただきたいと思っております。

人の心と心をつなぐ「ありがとう」の気持ちは、ボランティア活動の場面でも、「今日の活動楽しかった」「またやりたいな」と思える、活動の原動力ともなるとても大切な言葉です。

そんなことをお伝えしながら答えていただきましたが、
ほぼ全員が「家族」と答えられ、一番身近で気安い存在に感謝できるみなさんのお話に、心がほっこりいたしました。

その後、「もっと知りたい!港区の子育て状況と親子の背景」ということで
港区保健福祉センターの保健副主幹 五島鶴子さんから、まずはみなさんの住んでいる地域の状況を知っていただきました。

170206.jpg

一般的な保健福祉センターの仕組みや港区の支援の取り組みを知ることも然ることながら、さまざまなしんどさを抱える母親を受容しながら支えていく、いち保健師としての思いも経験の中からお話くださり、学びになる時間でした。



次に、「イマドキの子育て、昔の子育て」ということで、
港区子ども・子育てプラザの 伊井真紀さんにお話しいただきました。

子育て中の保育者が抱えるさまざまなしんどさに寄り添い認めてあげること、泣いたりぐずったりする子どもへの対応の見本になることを心がけ、
保育者と子どもたちが少しでも楽しく豊かな日々が送れるようにという思いで接しているというお話から、地域に住む私たちの目線ということも考えさせられました。

170206_02.jpg

次回以降も、みなさんで一緒に学んでいきたいと思います。



次回  
日時:平成29年2月9日(木)10:00~12:00
内容:気になる子ども~児童虐待防止の観点から~
講師:海の子学園 入舟寮 松木あゆみさん
不登校の関わり方
2月18日 土曜日 曇り 

講座「不登校の子どもたちの接し方」を開催し、港区でスクールカウンセラーをされている殿本先生にお越しいただきました。

今年度は既に2回、心理カウンセラーによる不登校や引きこもりに掛かる講座を開催しておりますが、今回はまた違った視点からのお話で、興味深くみなさんお聞きになっていました。
170228.jpg

講座終了後、講師を囲んで座談会を初めて試みましたが、参加者からは、「ずっと一人で悩んでいたが、始めて一歩踏み出せた。参加できてよかった。」「同じ事柄に立ち向かっている皆さんの声を聞き、共感できたことが良かった」などの感想を聞くことができました。

170228_02.jpg

3月18日土曜日からボランティアグループ「こどもたちの笑顔をつなぐ会」が 「サロンde ゆるり 」という "不登校の子どもをもつ親の居場所づくり" を始めます。
「こどもたちの笑顔をつなぐ会」は、お子さんが不登校だった経験を持つ保護者や支援者があつまってできたボランティアグループです。

同時に、区役所主催のエルカフェ(家でも学校でもない第3の居場所)も開催されていますので、親子でお越しになっていただき、それぞれの場所で過ごしていただくことができます。

区社協としても、区役所との連携また、ボランティアグループの支援をしながら、これからもこのような講座を開催するなど様々関わっていく予定です。

関心のある方は、ぜひ、港区社会福祉協議会までお問い合わせください。
大阪市港区社会福祉協議会より新年のご挨拶
20170101_img.jpg
築港地域 年忘れお楽しみ会
12月17日 土曜日 はれ

築港地域ネットワーク委員会主催の「年忘れお楽しみ会」が開催されました。

来賓の方々のごあいさつの後、まずは、毎年恒例のアンサンブルグリーンズさんによるコンサートです。星に願いを♪から始まり、演歌あり、クリスマスソングあり・・・バラエティに富んだ選曲でした。参加者の方々も音楽に合わせて大合唱♪

161217_img01.jpg

次は、参加者全員によるジャンケン大会。

161217_img02.jpg

勝ち抜いた皆さんには、豪華賞品?が贈呈されました。

161217_img03.jpg

参加した築港ブランチ、みなとオレンジチーム、港区社協の職員が一緒に、手話歌やボール送りゲームをしました。競争は本当に盛り上がりますね。
最後は、お楽しみ抽選会。番号が読み上げられると大きく手が挙がります。

161217_img04.jpg

黄色いエプロンのネットワーク委員の皆さん、企画、準備からありがとうございました。参加した職員も一緒に大変楽しませていただきました。
第14回 みなとこころの講座を開催しました
12月17日 土曜日 晴れ

“こころの病”という課題をもつ人々が、みんなの住むまちで、みんなと同じように暮らせるように。そんな想いを込めて毎年実施している「みなとこころの講座」。ありがたいことに、今年で14回目を迎えることができました。

161217.jpg


今回は「発達障がいを知り、寄り添う」をテーマにして、166名の参加がありました。
16121709.jpg

16121702

16121703.jpg

つづいて講演会の始まりです。発達障がいをもつ子の親として、また子育てに悩む親の支援者として、自身の経験を届けつづける「よつばもこ」さんが講師を担当してくださいました。よつばさんは、子育ての経験のなかで、「子どもの世界観」を大切にされたといいます。そのために発達障がいを知ることの重要性は、その子に寄り添ううえで欠かせないことなのだと教えてくださいました。

16121704


でも、親だけが子と向き合うことはとても大変なんだと、よつばさんは言われます。そこで、親に対する支援の必要性についても述べていただきました。たとえば「親の会」は、同じ悩みを持つ親同士が集まり、お互いにアドバイスや助言、そして情報提供をする場として各地に存在しています。またそういった場では、先輩ママが支援者となって話を聞いてくれたり、自身の経験を伝えてくれたりもします。このように親に対する支援の場は広がりつつあります。

「365日の紙飛行機」。朝ドラの主題歌でもあったこの曲をあまゆーずさんがカバーしてくれました。“人生は紙飛行機(中略)その距離を競うよりどう飛んだか、どこを飛んだのか、それが一番大切なんだ”という歌詞が印象に残っています。

16121705

本日ご協力いただいたすべての方、そして参加していただいたみなさまに感謝申しあげます。また、本日は障がい者アーティストによる絵画展も同時開催させていただきました。重ねて3名のアーティストのみなさまにもお礼申しあげます。ありがとうございました。

161217_1_img01.jpg

161217_1_img02.jpg

161217_1_img03.jpg

161217_1_img04.jpg