子育て支援啓発講座を実施しました
3月22日 木曜日 雨

住之江区で活動するNPO法人すみのえ育の伊達美寿保さんを講師に迎え、活動の現状や、見えてきた課題、地域やボランティアさんとの関係、そして今後の子どもの居場所づくりの展望を大いにお話しいただきました。

180322_1_img01.png

伊達さんの3年間の活動の中で、見えてきたことは“子ども食堂を毎日開くこと”だったそうです。その大変さや労力は計り知れません。しかし、自然と周りの人たちに支えられ、協力しながらやっていくことで、その力の源になっているのだといいます。

自身の生い立ちや活動のきっかけも話してくださった伊達さん。活動の原点には、伊達さんの、必ずしも裕福ではなかったという子ども時代のことや、周囲の環境がもとになっているのだそうです。私たちが子どものころは、今のような居場所はなかった。地域住民の一人であり、子育てする母でもあり、だからこそ子どもが集える場所が必要であるというのがわかる、そういう時代なんだと、伊達さんの強い意志が見えました。

180322_1_img02.png

参加者の中には、これから活動をしていきたい方や、すでに港区で活動されている方もいらっしゃいました。これからも活発な動きを見せるであろう子どもの居場所に関することですが、誰にとっての居場所なのか、なぜ居場所が必要なのか、伊達さんの話を聞いて、それを問い続けていきたいといった感想をいただきました。

180322_1_img03.png

伊達さんの活動される住之江区は港区と同じ大阪湾に隣接する区でもあります。見えてくるのは“連携”の2文字。伊達さんは、今後もつながりを持って私たちと関係を続けていければとおっしゃってくださいました。子ども関係だけでなく、防災や地域福祉といった観点からも、これからも手を取り合っていければと思います。伊達さん、どうもありがとうございました。
築港小学校4年生 福祉教育
3月20日 火曜日 晴れ

築港小学校の4年生25名を対象にした福祉教育に行ってきました。内容は車いす体験です。スタッフとして、高齢者やその家族の相談窓口である築港ブランチや南部地域包括支援センター、築港地域見守りコーディネーターに協力してもらい、安全に実施することができました。

180320_1_img01.png

「ケンちゃんの誕生日」という紙芝居を使って、車いすに乗っている人やその他にも困っている人がいることを身近に感じてもらいました。その後、体験するコースや操作の方法の説明を行いました。子どもたちには2人1組になって、“押す側”と“乗る側”の両方を体験しました。体験後に、子どもたちから「階段の時はどうするのでしょうか?」という質問があり、興味を持って学んでくれている様子が感じられました。

180320_1_img02.png

これからもたくさんのことに興味を持って、たくさんのことを学んでいってほしいと思いました。

180320_1_img03.png
手話でコミュニケーション
3月17日 晴れ
「手話でコミュニケーション」1日体験講座を開催しました。
講師は「手話サークルみなと」のみなさんです。
まずは、「手話の歴史」というお話から入り、果物や動物そしてスポーツなど手話を
参加者の方と一緒に行いました。
手話にはジェスチャー要素がたくさんあり難しいものではない・・・と思えるような楽しい内容です。
180324_01.png
180324_01.png
次に簡単な会話を手話で行いました。難しい~と思いました。
180324_01.png
ラジオ体操に合わせて手話体操を行いました。
180324_01.png
みなさん前へ出て手話で名前を表現していただきました。
参加者の皆さん覚えが早くとっても上手でした!(^^)!
180324_01.png
最後に、手話歌です。「サザエさん」を覚え、みなさん一緒に歌いました!!
終始とってもよい雰囲気♪ 
180324_a.png

講師からは、伝えようという気持ちさえあれば大丈夫!!積極的にろうあ者に関わっていってほしいと結ばれていました。

4月からは、毎週木曜日の夜に全40回の入門講座が始まります。
興味のある方は、ぜひ、お問い合わせください!!

手話サークルみなとの皆さんありがとうございました。

ボランティア連絡会
3月16日 金曜日 曇りときどき雨

港区ボランティア・市民活動センター学習・連絡会を開催しました。
まず事務局から一年間の港区ボランティア・市民活動センターの事業についての報告と来年度の活動について、補助金などの説明を行った後、新規登録されたボランティアグループ「さくらCatクラブ」「早朝太極拳の会」
「OMSOC大阪みなと区ステージオペレータークラブ」の紹介と「手編みボランティアグループつくしの会」からのお願いと報告をされました。

180324_2_01.png

180324_2_01.png


180324_2_01.png


180324_2_01.png


180324_2_01.png


180324_2_01.png
180324_2_01.png
180324_2_01.png

みなさんへ「1年間お疲れ様でした!!来年も頑張りましょう〜♪」と伝える良い機会にもさせていただいています♪


今回の学習会は 「音楽で脳と体を健康に!!」ということで、講師にたつみ音楽療法事務所 代表 龍味功典さんに来ていただきました。
180324_2_01.png
180324_2_01.png
180324_2_01.png
180324_2_01.png



音楽に合わせて体を動かし、脳の活性化もさることながら、懐かしい歌を歌いながら、たくさん笑って体中がぽかぽかしました。楽しい時間を過ごす事が出来ました。
講師の龍味功典さん、ありがとうございました。
この連絡会は、登録のボランティアさん同士が顔を合わすことのできる貴重な機会であり、活動のモチベーションをお互い高め合うことのできる良い時間になっています。

そして、本日の連絡会がまた、明日からのボランティア活動への糧になるよう願っています。

平成30年度も、港区ボランティア・市民活動センターをみんなで盛り上げていきましょう♪♪


築港中学校 福祉教育
3月12日 月曜日  

築港中学校へ福祉教育に行きました。1年生41名の生徒を対象に「車いす体験」と「視覚障がい者の手引き誘導体験」を実施しました。

2月に車いすバスケットボールを見に行った後の体験だったので、コース内に“車いすに座ったままバスケットのシュートをしてみる”体験を加えました。座ったままだと、リングに届かない生徒もおり、車いすでの生活の大変さを実感していました。他にも、障害物(今回はコーン)があるだけで車いすでの移動がさらに困難になることや、押したり引いたりのドアの開閉の難しさを、身をもって体験してくれました。

180312_1_img01.png

「視覚障がい者の手引き誘導体験」では、視覚に障がいのある人とのコミュニケーションをどのようにしてとるかを考えてもらうために、アイマスクをした状態でジャンケンをしたり、食事の配膳場所を説明したり、伝えることの大切さと、情報の多くを視覚から得ている事を感じてもらいました。

180312_1_img02.png

これらの体験を通して、相手を思いやる気持ちと、行動力を身に着けていってほしいと思います。

180312_1_img03.png