地下鉄 弁天町駅ホームの車いす通行調査
2月1日土曜日 はれ

港区役所による、車いす利用者の方が弁天町駅前交差点(国道43号)を横断する際に、地下鉄弁天町駅ホームを利用して横断できる仕組みを事業化するための調査が、2月1日(土)から始まりました。

20140201img01.jpg

20140201img02.jpg

20140201img04.jpg

利用された方お一人にお伺いすると、普段は、迂回ルートである横断歩道を利用されているということで、今回この事業を利用され、「短時間で安全に横断することができた」「今後このような制度ができればぜひ利用したい」と言われていました。
ほかに、お話をお聞きすると、今回は介助者の方と一緒に、手動の車いすに乗り換え利用されましたが、普段は電動車いすで外出されるとのことで、利用するエスカレーターの重量制限が利用者と車いすの総重量150㎏以下となっているので、「電動車いすでも利用できればいいのに・・・」と言われていました。
※電動車いすは、1台80~100㎏くらいあります。

20140201img03.jpg

国道43号の横断については、港区地域福祉アクションプランにおいて、港区社会福祉協議会も港区役所と協働でいろいろ検討してきました。今回の取り組みで、車いす利用者が安心、安全に横断できる仕組みが、ハード面、ソフト面両面で行われていくことを期待しています。
スポンサーサイト
<<港区更生保護女性会・保護司会合同研修会 | ホーム | 第2回 精神保健福祉V講座>>