第2回 精神保健福祉V講座
1月31日 金曜日 はれ

精神保健福祉ボランティア講座第2回目の講座がありました。
プログラムの都合上、1回目にできなかったので、まずは自己紹介から始めました。
A4の用紙を3分の1に折り、
一番上に「お名前とお住まいの地域」、
真ん中に「趣味・好きなこと」、
一番下に「今日の朝ごはん」を記入していただき、
講座に参加したきっかけとともに、お一人1分間、お話していただきました。

20140130img01.jpg

趣味朝ごはんはもちろん、講座参加のきっかけも、それはもう本当にさまざまで、興味深く聞かせていただきました。
講座終了後には自己紹介からのつながりでそれぞれに交流をされていたようです。
人となりや大切に思っていることを少し感じることができ、お互いに親近感の湧く時間となりました。

和んだところで、本日の講座、「社会復帰に向けてのグループ活動体験」~ミュージック・ケア(音楽の力を感じてみよう)~です。

20140130img02.jpg

社会復帰に向けてのグループ活動の中の一つである音楽療法です。講師から、その効果やねらい、どんな風に参加の方々の心にアプローチしていくのかなど、みなさんがボランティアとして活動する時のヒントを、たくさんお話してくださいました。

クラッシック、そしてベンチャーズ、ビートルズなどに合わせて体を動かしたり、声を出したりするのですが、中には炭坑節の振り付けがあったりして、親しみのある動作に、みなさん楽しんで取り組まれていました。
その一つ一つの選曲や同じ動作の繰り返しには意味があり、実際のグループ活動参加者が、先を見通せることで安心して取り組めるよう、プログラムの工夫が様々なされていました。

20140130img03.jpg

パラバルーンはもうすぐ終了の合図です。ゆっくりと穏やかに優しく動くパラバルーンに、気持ちが落ち着いていく感じがします。

20140130img04.jpg

講師から対象者に関わっていくうえで、一番大切なことは「寄り添う」こと、シンプルに関わり、同じものを見ようとする心だとお話しされました。
また、参加者の感想の中にも、つかず離れず見守ることが大事だと分かりましたと書かれていました。

次回、第3回目は「コミュニケーションの取り方を知ろう」です。
スポンサーサイト
<<地下鉄 弁天町駅ホームの車いす通行調査 | ホーム | 第1回 精神保健福祉V講座>>