認知症講演会「認知症は身近な病気です~みんなで考えてみよう~」
11月30日土曜日 はれ

午後2時から港区民センターで港区医師会主催、港区保健福祉センター・港区地域包括支援センター・港区南部地域包括支援センター・総合相談窓口(ブランチ)共催のもと、認知症講演会「認知症は身近な病気です~みんなで考えてみよう~」を開催しました。

第一部は認知症疾患医療センターである「ほくとクリニック病院」の深尾先生より認知症についての講演、第二部はシンポジウムを行いました。

第一部の講演会でのお話しは、認知症について初めて聞く方でもわかりやすい内容で、時折笑いも交えてくださり、とっても聞きやすい一時間でした(#^.^#)第二部のシンポジウムでは、港区医師会の中山先生、土田先生をはじめ、港区役所の方々、ケアマネジャー・ヘルパー・訪問看護の皆さん、みなと介護家族の会、地域包括支援センターのメンバーなどで架空の事例についてどのように支援するか、意見を出し合いました。

30代の方から80代の方までの幅広い年齢層の方々が約230名もご参加くださり、「わかりやすかった」、「認知症に対する考え方が少し変わりました」、「心の準備になった」、「明日は我が身かもしれない」、「色々と相談する場所があり安心した」、「心強い」というような感想をいただきました。たくさんのご参加ありがとうございました!

20131130img01.jpg

20131130img02.jpg
スポンサーサイト
<<第11回 みなとこころの講座 | ホーム | 成年後見制度を知ろう!>>