FC2ブログ
田中小学校 福祉教育
今日は、田中小学校4年生を対象にした福祉教育に行ってきました。『盲導犬と暮らしている人の話を聞こう!』と言う内容で、盲導犬フェリシアと暮らしている山本 美恵子さんに来てもらいました。

盲導犬の仕事のこと、子どもの頃からのことなど、短い時間でたくさんの事を教えてもらいました。また、山本さんが折った折り紙作品や音の出る電卓、点字絵本などを見せてもらいました。

子どもたちからの質問にも丁寧に答えてもらい、授業の終わりには、ハーネスをはずしたフェリシアと子どもたちが触れ合いました。

最後に山本さんから、子どもたちへ2つのお願いをされました。
1つ目は、障がいがあっても「何でもやればできる!」とスキーやバレー、水泳などをしてきたので、みんなもいろいろな事にチャレンジしてほしい。
2つ目は、盲導犬と歩いている人や白杖を持っている人が困っていたら、優しく「お手伝いすることはありますか?」と声かけをしてほしい。危険な時は、「危ない!」と教えてほしい。

その2つのお願いを実践していってほしいと思います。

20181002_3.jpg
スポンサーサイト
<<港区における社会福祉法人と連携した取組について | ホーム | 講演会 つながり合える地域 港(みんなと)~ひとりぼっちをつくらない~>>