FC2ブログ
港晴

7月25日 水曜日 晴れ

「見守り相談室」では支援の必要な方の名簿を作成し、地域での日頃からの見守り活動を通して、災害時の避難支援にも役立てていただけるようお渡ししています。

事業が始まって3年。今年度は「孤立させない地域」というキーワードで、名簿の活用方法や地域活動、見守り活動の意味や意義、これからの地域の目指す姿についてネットワーク委員さんや民生委員さんのご意見も伺いながら、順次各地域を回ってお話しています。

本日は港晴地区民生委員さん。

180725_01.png

港晴では以前から地域福祉活動計画の中で、要援護者名簿のマッピングを考えていましたが、6月18日(月)に大阪北部での大きな地震があったことで、より地域の士気が高まっています。
そんな中、やはり普段からの顔の見える関係があってこそ、緊急時、災害時にそのつながりが活きてくる・・・そんなことが再確認できました。

180725_02.png

「震災は他人ごとではない」という気持ち、普段からの見守りの大切さ、各団体の垣根を越えて連携していく必要性などを共有し、とても有意義な時間が持てたと思います。

28日は八幡屋地域の民生委員会に伺います。


スポンサーサイト
<<老人センター盆踊り | ホーム | 水あそびしチャオ!>>