FC2ブログ
弁天小学校 福祉教育
6月12日 火曜日 晴れ

先週に引き続き、弁天小学校の福祉教育へ行ってきました。今日は、『聴覚障がいを知ろう』という内容で、港区聴言障害者協会から内畑さんと、手話サークルみなとから西澤さん・土田さんに来ていただきました。


手話サークルの方に手話の歴史や、簡単な手話単語、あいさつなどを教えてもらいました。
また、聴言障害者協会の内畑さんには、耳が聞こえなくて怖い思いをしたことや嬉しかったことの話をしてもらったり、自宅で使っている便利グッズを見せてもらったり、“聞こえないこと”がどういうことかをわかりやすく説明していただきました。


4年生の音楽で習う歌♪ビリーブ♪を手話で教えてもらいました。子どもたちは大きな声で歌いながら、手話でも歌ってくれました。
事前に指文字表を配布していたこともあり、子どもたちが名前を表せるように練習してくれていたので、とてもビックリしました。
“聞こえない”体験をすることは、できないけど、“聞こえない”ことが、どういうことか、少しわかってもらえたら嬉しいです。
内畑さん、西澤さん、土田さんありがとうございました。

20180612_1_img01.jpg
スポンサーサイト
<<「見守り相談室」港晴地域 | ホーム | cafeナカ企画 篆刻教室を開催しました。>>