池島小学校 4年生 福祉教育
6月6日火曜日 晴れ

池島小学校の4年生を対象として、福祉教育に取り組みました。
内容は、『車いす体験』と『高齢者疑似体験』です。
池島地域見守りコーディネーターや池島地域活動協議会(池島地域ネットワーク委員会、青少年指導委員)、PTA、海の子学園、南部地域包括支援センターの協力があり、安全に行うことができました。

170606_2_img01.jpg


『車いす体験』では、2人1組になり握手をしてから、1人が乗りもう1人が押して、スロープや段差などのある決められたコースをゆっくり進み、時には協力者の助けも借りながら体験してもらいました。

170606_2_img02.jpg

『高齢者疑似体験』では、協力者に手伝ってもらいながらジェル手袋や装具をつけて、名前を書いたり、階段を上ったりと、手の感覚や身体の動かしにくさを体験してもらいました。

170606_2_img03.jpg

170606_2_img04.jpg

この福祉教育を通して、自分たちの住んでいる地域にも困っている人がいることに気づけるよう成長していってほしいです。そして、相手の立場に立って、その時の自分に出来ることを見つけていってほしいです。
スポンサーサイト
<<弁天小学校 福祉教育 | ホーム | みなと介護家族の会(かもめ会)総会が開催>>