築港中学校へ福祉教育を実施しました!
3月9日 木曜日 晴れ

大阪市立築港中学校の1年生を対象に、「車いす体験」と「視覚障がい者・手引き体験」をおこないました。
地域の人たちがボランティアとしてたくさん協力してくれました。

17030901_img01.jpg

まずは車いす体験。講堂の中に体験用のコースを作り、車いすに乗る人、押す人が2人1組になってコースを体験します。

17030901_img02.jpg

子どもたちは2月に行われた車いすバスケットの大会を見に行ったそうです。迫力のある大会でしたね。そのぶん、車いすとも自然に接していたように見えました。

17030901_img03.jpg

車いす体験では、相手の気持ちになって、おもいやりを持って行動できるような工夫が随所にありました。例えば引き扉は車いすの人は一人で開けられません。そういう時は押す人が少し手伝ってあげる。こんなちいさな“困ったときはおたがいさま”がみんな出来ていたと思います。この気持ちを忘れないでくださいね!
ボランティアさんが見守る中、みんな一生懸命でした!

17030901_img04.jpg

こちらは視覚障がい者・手引き体験。1Fのピロティにコースを作り、ガタガタ道や細い道、階段の上り下りをし、伝わるかなゲーム2つを体験しました。
私たちは80パーセントの情報を視覚から得ています。介助者体験では、その80パーセントを補える声掛けをお願いしました。

体験の中で一番意識することは、
①どんなことが“障がい”になっているのか
②どんな手助け(フォロー)をしてもらったら助かるのか
③どんな声かけがあれば安心するのか
です。

17030901_img05.jpg

17030901_img06.jpg

17030901_img07.jpg

手引きやゲームを体験する中で、アイマスクで失われている80パーントの情報を補うべく、ずーっと状況を伝えながら手引きをする姿に思いやりが溢れていました。
それぞれで気付きや感じたこともあったようです。

障がいの有無に関係なく、人が生活する中で苦手なことや困ることは誰にでもあり、お互いにその部分を助け合うことで、みんなが気持ちよく生活することができること、また、『障がい』とは、周りの環境や対応の仕方で『障がい』になったり、ならなかったりすることなどを、今回の体験で少し気づいてもらえたら嬉しく思います。
スポンサーサイト
<<港区ボランティア・市民活動センター学習・連絡会を開催しました。 | ホーム | 氷あそびしチャオ!>>