防災3区ものがたり 第1回目
10月26日土曜日 はれ

港区大正区此花区は共通点として海と川に囲まれていて、津波が発生した場合大きな被害が予想される地域であるため、自分たちそして地域での防災・減災の取組みが必要だということから、3区合同2回シリーズで防災に関する講座「防災3区ものがたり」を開催することとなりました。
企画の段階から各区のボランティアさんたちも関わってくださり、「防災を日常から」をキーワードに内容を練りに練ってきました!!

今日はその1回目、「日常使う食材が備蓄品に!?~実際作って試食してみよう~
ということで、だいたいどのご家庭にも普段から買い置きしてあるような缶づめで、非常時でもさまざまな物を作ることができるのですよ、というご説明をしながら、ツナ缶やトマト缶、スパゲティ、大豆の水煮缶などを使って、4品
①缶詰パスタ
②サンマ缶のエスニックサラダ
③なんちゃって豚汁
④とろりんミネラルスイーツ

を作りました。

20131026img01.jpg

いろんな状況があるかと思いますが、今回はとりあえず、包丁やまな板を使わずにやってみよう・・ということで、その中で、ピーラ―を包丁代わりにすることによって少しで火が通ることや、ビニール袋に少しの水でわかめを戻すなど、さまざまな工夫で調理を進めました。スプーンを包丁代わりにされる方も・・・。
知恵と工夫でさまざまなことができるものですね。ちびっこたちもとっても頼もしかったです♪♪

20131026img02.jpg

手や皿を洗えない状況でビニール袋やサランラップを手や皿にかけて作業・盛りつけをしたり、ボールやバケツが汚れているとビニールをかぶせて使ったり、また、お肉の代りに大豆が大活躍することなども楽しく学べ、被災地に行った職員の現場の話などもあり、濃い時間となりました。

20131026img03.jpg

開始一番に、やり方を説明しながら作ったアルファ米が最後に出来上がり、パックで配布、お茶を並べたら、本当に盛りだくさん♪♪
出来上がった4品はとっても美味しかったです!

20131026img04.jpg

みなさん料理をする中でいろんな気付きがあり、自分なりの工夫をたくさんされていたことがとても印象に残っています。また、そういったことが一番大事なのかなと思います。
防災をきちんと自分たちのこととして捉え、何かを得て帰ろうとメモも熱心にとられて取り組まれていました。
今回ご参加くださったみなさんが、また、周りの方々に、このような防災や減災の「意識」や「知識」を更に広めていっていただきたいと思います。

次回は、
海辺のまちを守る!防潮堤・水上消防署見学!
 ~停泊中の消防艇「まいしま」に乗ってみよう~

防災ゲームで防災用品ゲット!!です。
「まいしま」に緊急出動要請が出て、見学できない!!・・・なんてことになりませんように!!

20131026img05.jpg
スポンサーサイト
<<磯路小学校 第3回 福祉教育 聴覚障がい者のお話 | ホーム | 男の料理教室>>