子育て支援ボランティア講座 最終日
2月23日 木曜日 曇り

子育て支援ボランティア講座の最終日でした。

今日は現在活動中のボランティア 森田晴美さんから、活動のきっかけ、活動の魅力などを語っていただきました。
森田さんはとっても活き活きと「同じ方向を向いた同じ思いの方々と語り合え、それは自分の中でかけがえのない時間です。」とお話しされました。


170223_01.jpg


こういったお話から、実際にこれから活動される方の不安解消や、ボランティアをしたい気持ちの再確認から、改めて活動への動機づけができる機会となればよいと思っています。

振り返りとまとめでは、現場ですぐに活かしていただけるよう、活動中によくある場面をいくつか想定し、みなさんで考えていただきました。
それぞれの意見を発言してくださりとっても活発な話し合いになりました。

今回は講座の中のさまざまな場面で、子育て支援機関の役割や支援についての考え方を知っていただきました。
ボランティアの活動が、支援機関・保護者と子ども・そしてボランティアさん本人にとっても、意味のある有意義なものになるよう、そして、ここから繋がりができ地域の中で子育て世代を温かく見守っていただけるようにと意識して取り組んでいます。

最後に、ボランティアは「しんどいけど楽しい」とか「やりがいがある」などの前向きな気持ちが持てること、そして、自分の心が豊かになると感じられる活動が細く長く続けられるものではないか・・・というようなお話をして終了しました。

頑張っている保護者の方々に、楽しんで子育てしていただけるよう、少しでもサポートできたらいいですね。

講座後も、子育て支援ボランティアの交流会を毎月第2金曜日に開催しており、講座を受講せずとも活動を開始することも可能です。

関心のある方は、ぜひ港区社会福祉協議会までお問い合わせください♬
スポンサーサイト
<<港晴フェスタ | ホーム | 「第16回手話奉仕員養成講座修了式」>>