不登校の関わり方
2月18日 土曜日 曇り 

講座「不登校の子どもたちの接し方」を開催し、港区でスクールカウンセラーをされている殿本先生にお越しいただきました。

今年度は既に2回、心理カウンセラーによる不登校や引きこもりに掛かる講座を開催しておりますが、今回はまた違った視点からのお話で、興味深くみなさんお聞きになっていました。
170228.jpg

講座終了後、講師を囲んで座談会を初めて試みましたが、参加者からは、「ずっと一人で悩んでいたが、始めて一歩踏み出せた。参加できてよかった。」「同じ事柄に立ち向かっている皆さんの声を聞き、共感できたことが良かった」などの感想を聞くことができました。

170228_02.jpg

3月18日土曜日からボランティアグループ「こどもたちの笑顔をつなぐ会」が 「サロンde ゆるり 」という "不登校の子どもをもつ親の居場所づくり" を始めます。
「こどもたちの笑顔をつなぐ会」は、お子さんが不登校だった経験を持つ保護者や支援者があつまってできたボランティアグループです。

同時に、区役所主催のエルカフェ(家でも学校でもない第3の居場所)も開催されていますので、親子でお越しになっていただき、それぞれの場所で過ごしていただくことができます。

区社協としても、区役所との連携また、ボランティアグループの支援をしながら、これからもこのような講座を開催するなど様々関わっていく予定です。

関心のある方は、ぜひ、港区社会福祉協議会までお問い合わせください。
スポンサーサイト
<<子育てボランティア講座 第2回目 | ホーム | 大阪市港区社会福祉協議会より新年のご挨拶>>