磯路福祉教育(盲導犬)
11月22日 火曜日 晴れ

磯路小学校3年生の福祉教育でした。
盲導犬ユーザーの話を聞こう!」ということで、西淀川区から山本美恵子さんと盲導犬のフェリシアちゃんにお越しいただきました。

子どもたちは、少し前に国語の授業で盲導犬について勉強したばかりで、すごく関心を示し、山本さんが「盲導犬はどんな人が何のために一緒にいるのか?」と質問をされると、「目の不自由な人が町を安全に歩くため」と習ったことをきっちりと覚えていて的確に答えたりしてくれました。

20161122_img01.jpg

たいてい「目の代わりをするため」だとか「できないことをしてもらうため」などの答えが多いそうですが、さすがみなさん勉強したてです!

質問では、フェリシアちゃんがご飯を作って出してくれると思っていた子どもたちや、行先を伝えるとフェリシアちゃんが連れて行ってくれると思っていたお友達もいましたが、
そこは山本さんから、ご飯は家族のためにお料理教室に通い覚え、見えないなりにおうちで奮闘しつつ作っていることや、行先は、フェリシアちゃんに的確に指示ができるよう前もって自分で調べることを教えていただきました。

他にも、山本さんはマラソン、山登り、水泳、卓球、バレーボールなどたくさんのスポーツにチャレンジしたお話をしてくださり、子どもたちに、「やればできる、やろうと思えばなんだってできる」という言葉を覚えておいてほしいと伝えてくださいました。

まだまだ、みんなチャレンジの連続。
うまくいかないときもある。そんなときみんなに思い出してほしい言葉です。

こうして障がい当事者の方とやり取りができたことは、子どもたちの心と頭にしっかりと残ると思います。

いろんな人がいることを知る。
そして、誰かが困っているとき、どんな手助けや工夫があれば、その人が不自由なく過ごせるかを考え、助け合う。
相手の立場になって「自分ができること」を考えてみてもらえたらいいなと思います。
声をかけてもらったり、優しくされると誰だって嬉しいものです。

視覚障がい者の方が、道で迷ったりしているときは、ぜひ、周りの大人に知らせたり、勇気をもって声をかけてみてくださいね。
スポンサーサイト
<<第36回池島ふれあいまつり | ホーム | グランドゴルフ(3区)>>