認知症サポーター養成講座
3月12日(土) はれ

築港会館老人憩の家で「認知症サポーター養成講座」を実施しました。
当日は晴天ではあるものの冷たい風が吹く中、地区社協会長・町会役員・ネットワーク委員等のみなさんも地域住民の一員として多数参加され、熱心に受講されていました。
認知症の実態やその対応方法に耳を傾け、地域で見守ることの大切さ・必要性を感じていただいたと思います。
20150312_img01.jpg
20150312_img02.jpg


港区社会福祉協議会「ひまわり」では、認知症高齢者のことを理解していただくため、「認知症サポーター養成講座」を各所で実施しています。12月5日・1月23日・2月20日には、住民のみなさんを対象に港区社会福祉協議会「ひまわり」で・2月17日・24日には「西部環境事業センター」で・3月11日には「池島老人憩の家」でネットワーク委員を対象に講座を実施しました。
また、4月16日と5月14日には、港区社会福祉協議会「ひまわり」において、住民のみなさんを対象とした講座の開催を予定していますので、お気軽にお問い合わせください。

今後、急速な高齢化社会を迎えるなか、認知症問題は避けて通れない課題です。これからも数多くの「認知症サポーター養成講座」を開催していく予定ですので、ぜひともご参加ください。


スポンサーサイト
<<港区まちづくりフォーラム | ホーム | 「手話でコミュニケーション」1日体験講座を開催しました。>>