手話サークルみなと!
2月15日 月曜日 くもり

「手話サークルみなと」のみなさんと福祉教育に行ってきました。
対象は、市岡小学校4年生の3クラスの児童です。
小学生のみなさんに手話を身近に感じてもらえるよう、手話歌などで楽しく学んでいただきました。

最初は、手話のあいさつからです。「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」などの手話の形を学び、なぜそうするのかの説明を受けると、「なるほど〜。だからこうするのか・・・・。」などと子どもたちの声が聞こえてきます。
次に、手話で何を表しているかクイズです。
みかんやバナナは皮をむいて食べるマネだよ」、「ウサギは長い耳を手で表すよ」、「象はもうみたまんま(笑)」など、ヒントを出すと次々と正解が出ました♪
20160215_img01.jpg

その後、クラスに分かれて、それぞれ「ドラえもん」「サザエさん」「森のくまさん」の手話歌を覚えました。
20160215_img02.jpg
最後は、クラスごとに覚えた手話を披露〜♪ 手話がぐっと近くに感じられるとっても楽しい時間となりました。
20160215_img03.jpg
終了後は、指文字表で覚えた自分の名前を、手話サークルのみなさんに確認してもらうのにたくさんの子どもたちが並びましたよ

目で見る言語として手話を使っている方たちがおられること、そして、手話を知ることで、つながり合える人がぐーんと増え、自分の世界も広がることなどをお伝えすることができました。

スポンサーサイト
<<ふれあい八幡屋交流会 | ホーム | 第8回ポートネット交流運動会!>>