港区社会福祉施設連絡会 研修会
12月14日 月曜日 晴れ

「いざっ!というときに命を守る知識」と題して、日本赤十字社大阪府支部の方を講師にお招きして、港区社会福祉施設連絡会の研修会を開催しました。

この研修会は、災害時や日々の業務の中で各施設の職員として命を守るために、AEDの使い方や心肺蘇生法などを実技を通して学び、「いざっ!」というときに率先して動くことができる知識と技術を身につけていただくことを目的にしています。

はじめに、災害(地震)に関する講義をしていただき、災害が起きたときに陥りやすい状況や、帰宅困難になった際の注意点などをお話しいただきました。

20151214_img01.jpg

その後で、子どもが利用する施設の職員(保育所など)と、大人が利用する施設の職員(高齢者施設など)に分かれて、AEDや心肺蘇生法の実技を行いました。

20151214_img02.jpg

20151214_img03.jpg


AEDにも種類があり自分の施設にあるAEDがどんな種類なのか事前に確認しておく必要があることや、AEDのパットはかなり粘着力があるため1枚ずつ開けてスグ貼らなくてはいけないこと、心肺蘇生をする際には1人2分を目安に交代しなければならないことなど、「へぇ~なるほど!」と思うお話もたくさんありました。

今回のような救急救命法は数年で変わっていくということなので、繰り返し実技を学ぶ機会を作っていき、区内の施設の職員の方々が「いざっ!」というときに、パッと動ける技術を身につけていけるようにしたいと思います。
スポンサーサイト
<<善意銀行預託 | ホーム | こころの講座>>