三先地域防災ワークショップ
10月28日水曜日 晴れ

三先会館で「三先地域防災ワークショップ」が開催されました。男性も女性も参加されており、約40名の方がおられました。

港区社協からは、「災害時要支援者」についてのお話と、車いすの取り扱いなどについてのレクチャーをしました。

20151028_2_img01.jpg

 災害時要支援者についてのお話のあとは、駐車場に出て車いすを使っての実技をおこないました。
実技では、要支援者役と介助者役に分かれて、実際車いすを動かしたり、床に寝ている方を車いすに乗せたりしました。

お互いに「それ違うで~」「こうするんやろ??」などと声をかけ合いながら、真剣に取り組んでおられました。

20151028_2_img02.jpg

女性だけの班の中には、床から車いすへ持ち上げることができない班もありましたが、非力な女性だけで人を持ち上げるのはとても大変です。ですから、無理をしてまで「自分がしなくてはいけない!」ということはありません。

方法を知っている人が地域で広めていくこと、またいざという時に指示を出せる人がいることがとても大切だと思います。

社協も「広めていくこと」でお手伝いできればと思っていますので、気軽にお声かけください。

これから、各地域で避難所開設訓練が実施されますので、ぜひお住まいの地域の訓練に足を運んでみてください(*^_^*)
スポンサーサイト
<<点字にふれてみよう! | ホーム | 築港大運動会に行ってきました~♪>>