弁天地域防災ワークショップ
9月30日水曜日 はれ

弁天小学校講堂で「弁天地域防災ワークショップ」が開催されました。

20150930_img01.jpg

始めに、弁天地域防災部会長の左古部会長から今年度の訓練の話があり、その後で港区社協の職員から「災害時要支援者について」と「災害時のボランティア活動について」のお話をさせていただきました。

災害時要支援者については、言葉としては知っているけど・・・どんな人か説明はできないし、どんな配慮が必要かあんまり分からないという方が多いと思います。
今回は、『災害時要支援者』を具体的にご説明していきながら、避難所でどんなことに困るのか、どんな配慮が必要かなどについてご説明しました。

20150930_img02.jpg

また、災害時のボランティア活動については、全国から集まってくるボランティアの方のお話ではなく、被災した地域の皆さん自身によるボランティア活動についてお話をしました。避難所や仮設住宅で、仕事や特技・趣味を生かして自分のできることをしながら、互いに助け合っている姿を写真で紹介するとともに、自分のできることを周りに知ってもらうための工夫についてもお話しました。

みなさん、「へぇ~」と納得されたり、「うんうん」とうなづいたりしながら、真剣に聞いておられ、終了後には「分りやすかった」「納得した」とのお声もいただきました。


防災の取り組みついては、どれだけ多くの方に知っていただけるかが重要になってくると考えておりますので、災害時要支援者のことや、災害時のボランティア活動のことなどで話を聞きたいと思われましたら、ぜひ、港区社協にご連絡ください(*^_^*)
スポンサーサイト
<<共同募金 | ホーム | 福祉避難所開設ワークショップ>>