音訳ボランティア第2回目
7月4日土曜日 雨

音訳しましょ♪」の第2回目を開催しました。
講師は、日本ライトハウス情報研究センターから、録音制作ボランティアに携わってもうすぐ20年になる北川温子さんにお越しいただきました。

本日は「読み」の練習です。
20150704_img01_2.jpg

まるで小・中学校の授業のような温かい懐かしさと背筋の伸びるような厳しさのある雰囲気の中、北川先生にビシバシとそして愛情いっぱいに教わり、一人一人が満足度の高い講座でした。

そして、アクセントはとても難しく皆さん悪戦苦闘でしたが、たったの2時間だけでも真剣に取り組むことで全員が目を見張る成長ぶりを見せました。
20150704_img02_2.jpg


北川先生は大切なこととして、「ボランティアだからこそ、プロではないからこそ、読ませていただいているという姿勢で、聞き手に失礼のないよう読まなければいけない。そのためには、日々訓練することです。」とおっしゃいました。

どんなボランティア活動も、その先には必ず相手がいて人につながっています。そこに思いを馳せて読んでいただく・・・先生の音訳ボランティアに関わる姿勢やボランティアとしての意識の高さに、ボランティア担当の私も気が引き締まる思いがしました。

次回は、7月11日(土)は最終回です。
スポンサーサイト
<<築港デイ&築港保育所 合同七夕祭り | ホーム | 音訳ボランティア基礎講座 第一回目>>