歯科医師・歯科衛生士によるミニ講演会
11月26日水曜日 くもり

田中地域の食事サービスが行われました。食事サービスは70歳以上の独居高齢者を対象に、月に1回実施されています。みんなと話しながら、食べる食事は本当においしく、毎月この日を楽しみにしておられます。本日は60名の方が集いました。

20141126_img01.jpg

食事が終わった後に、今日は歯科医師・歯科衛生士によるミニ講演会が実施されました。

20141126_img02.jpg

今回の催しは、昨年度策定された、「田中地域福祉活動計画」の中で、健康に向かって取り組むまちにしていくため、歯科医師会とともに、健康推進・健康増進の取り組みを行っていく。歯科医師会として、口腔の健康について啓発活動をおこなうから企画されたものです。
高齢者の方は、つばの出が悪く虫歯になりやすい。歯のつけ根から虫歯になりやすく、進行も早い。虫歯を放置しておくと、神経までばい菌で侵されることもあるとのこと。女性の方で、よくアメを舐められるかたがおられるが、食べた後にはお口をすすいでくださいね…とのアドバイス。

20141126_img03.jpg

衛生士さんからは、磨きにくい「きわ」の部分を磨いてくださいとの事。歯の隙間のケアや歯と歯の間など…個人差があるので状況は異なるが、どうぞ係りつけの歯科医にご相談ください。
これからも、おいしく食事を食べるため、歯を大切にしましょうと締めくくられました。
このようなミニ講演会が、継続的に開催され、みんなの健康に対する意識が高まればいいなと感じました。
スポンサーサイト
<<「みんなで学ぼう認知症」講演会 | ホーム | 第34回いけじまふれあいまつり>>