社会福祉協議会によるコミュニティオーガニゼーションの実践
9月25日木曜日 あめ

大阪市立大学生活科学部人間福祉学科の学生さんが24名、「社会福祉協議会によるコミュニティオーガニゼーションの実践の内容を学ぶ」ことを目的に、港区社会福祉協議会へ見学実習に来られました。

港区社会福祉協議会からは、区社協の概要昨年度策定された港区地域福祉活動計画について、区社協の関わりをお話ししました。


20140925_img01.jpg

20140925_img02.jpg


その後、進行は先生にバトンタッチして、学生の皆さんによる地域福祉活動計画策定会議の模擬体験となるワークショップ
自分の住んでいる市町村の人口や高齢化率を知っていますか?自分たちのまちのボランティア活動や福祉施設を知っていますか?住んでいて困っていることは・・・?
「若者が地域活動に参加しない」という課題に対して、なぜ参加しないのか?解決策としてどのようなことが考えられるか・・・?

グループごとに話し合った結果を模造紙に書き、発表を行いました。
短い時間でしたが、若い世代の率直な意見が出されて、区社協も参考になりました(^^)


20140925_img03.jpg

20140925_img04.jpg
スポンサーサイト
<<共同募金運動 | ホーム | 【港区地域福祉講演会】生きているって幸せ~生まれてこなければよかった命なんてひとつもないんだよ~>>