第1回子育て支援ボランティア講座
8月22日金曜日 くもり

子育て支援ボランティア講座 全6回が今日から始まりました
第1回目ということで、港区社会福祉協議会 事務局長の髙島からのあいさつの後は、緊張をほぐすためも兼ね、オリエンテーションです。
これから6回お顔を合わせる者同士、少しお互いのことを知ってもらうため、①名前 ②昨夜の晩御飯 ③生まれ変わったらなりたいものというお題で自己紹介をしました。

20140822_1_img01.jpg

昨夜の晩御飯はカレーでしたという方がお2人おらたり、たまたまホテルのディナーでした♪なんて方もおられたり・・・、みなさんの笑顔が見られ少しほぐれたところで講義です。

「もっと知りたい!港区の子育て状況と親子の背景〜児童虐待の現場から〜」ということで、港区保健福祉センター 子育て支援担当課長 神崎 順子さんにお話しいただきました。
20年以上現場で直接親子に関わられた現場での経験談は非常に興味深く、あっという間に時間が経ちました。さまざま思い悩んだこともあるがやってこれたのは、やはり関わってきた子どもの笑顔があったからだとおっしゃったことがとても印象的でした。

20140822_1_img02.jpg

港区の現状については、児童虐待件数は年々増加傾向にあるが、その理由として社会的背景の他、関係機関や市民の通報義務の浸透を挙げられました。そして「間違っていてもいい、気になるときはぜひ通報をしてほしい。通報は虐待のバット・サイクルを断ち切る大事な一歩である。」と話されました。
 
講座が終了し講師が帰られた後も、そのまま自然とみんなで講義の感想など、子どもを取り囲む環境についてさまざまなお話をすることができ、第1回目がよい雰囲気でスタートを切ることができました。
次回は、8月29日です。
スポンサーサイト
<<港区市岡地蔵盆 | ホーム | 【夏のボランティア体験】食事サービスひまわり>>