【夏のボランティア体験】手話サークル帆船と大阪盲ろう者友の会
8月21日木曜日 くもり

今日の「夏のボランティア体験」は、手話サークル帆船と大阪盲ろう者友の会 手と手とハウスの交流会に6名の方が参加されました。
手と手とハウスは、目と耳が不自由な方が通われる生活介護事業所です。

交流は料理や工作などさまざまなことをしてきましたが、今日はゲームとコミュニケーションです。

まずは、自己紹介をみんなでしました。手話を昔されていた方という体験者もおられました。

20140821_1_img01.jpg

そのあと、形あてクイズやブラックボックスなど、帆船さんの手作りゲームです♪

20140821_1_img02.jpg

ブラックボックスは、ダンボール箱の両側に穴を開け、手を入れられるようになっています。

次に、手と手とハウスさんでのレクレーションでしているという、ボーリング大会!!
競うことになるととっても盛り上がります!!

20140821_1_img03.jpg

盲ろう者のあと体験者、目隠しをして、介助者に手引きをされての挑戦です。

20140821_1_img04.jpg

やっぱり目が見えないと、方向すらわからなくて「すごーく難しい!!」とおっしゃっていました。

盛り上がったあとは、少しクールダウンして、それぞれに分かれてコミュニケーションです。
触手話で、「今日はいかがでしたか?」なんて会話も弾みます♪

20140821_1_img05.jpg

体験された方からは、「参加して良かった。また、やっぱり手話をやりたいと思った。」「楽しい時間があっという間に過ぎました。」と聞くことができました。
スポンサーサイト
<<【夏のボランティア体験】食事サービスひまわり | ホーム | ハイビスカス>>