語りの会 さざなみ
8月18日月曜日 はれ

語りの会 さざなみさんによる夏のボランティア体験があり、5名が参加されました。

最初に自己紹介などをし、さざなみさんの活動の様子を体験していただきました。さざなみさんは、普段は港区内の小学校の授業に入られての活動や高齢者施設でも活躍されているグループです。

さて、ろうそくが灯るのを合図にお話の世界に入ります・・・・。

20140818_img01.jpg

「かたり」で あみだ池のたぬき や トラと干し柿、王子様の耳はロバの耳 、「三線」での童謡、そして珍しい「組木」で 桃太郎 のお話も聞かせてくださいました。

20140818_img02.jpg

後半には、ことばあそびの くちびるたいそう や詩を読み、体験者もみんなで声を出しました。体験者の皆さんはさすが絵本がお好きな方々、よい声を出されていましたよ♪

20140818_img03.jpg

最後は、絵本 じごくのそうべえ を、役割分担して読む「群読」でさざなみさんが披露されました。それぞれ個性が出ていて迫力があり、とっても面白かったです。

20140818_img04.jpg

最後にろうそくの火を消してお話の世界はおしまいとなります。

ボランティアをしていて良かったことは?という質問に、さざなみさんは「子どもとの出会いにパワーをもらえる」「キラキラ輝く目で見てくれるのが楽しみ」などと答え、絵本の良さを伝えたい思いで活動していると話されていました。

体験の皆さんは、初めて[かたり]や[組木]、[群読]といった手法に触れ、その魅力を感じ、楽しんで帰ってくださいました。終了後も、活動日などを熱心に聞いておられた方もおられましたよ。自分にもできるかな?参加してみようかな?っと思ってくださっていたらとても嬉しいです♪
スポンサーサイト
<<ハイビスカス | ホーム | 市岡連合はぐくみ盆踊り大会>>