FC2ブログ
港区民生委員児童委員協議会、港区地域ネットワーク委員合同研修会

6月27日 水曜日 晴れ

昨年に引き続き、6月27日(水)午後7時から、港区民センターにて港区民生委員児童委員協議会、港区地域ネットワーク委員合同研修会「支え合える地域 港(みんなと)」を開催しました。
民生委員、児童委員、地域ネットワーク委員、町会の方々、地域の商店や施設の皆さん、地域見守りコーディネーター……
なんと!240名を超える皆様がご参加くださいました。

180627_img01.png

第1部は、大阪教育大学 教育学部協働学科 教授の新崎国広先生による基調講演「見守り上手 見守られ上手」。

先日の大阪北部地震の被災地状況にもふれながら、地域住民の主体的な共助の取り組みの大切さを、丁寧に分かりやすくお話しいただきました。
人口減少・少子高齢化が進展する港区では、従来から高齢者や児童の見守り活動が盛んに行われおり、現在地域で行われている居場所づくりや見守り活動など、その普段の活動が、地域の中での様々なつながりを作るための大きな役割を担っていることの認識をみなさんで共有できました。

180627_img02.png

第2部は、波除地区民生委員長 眞田瑞枝委員長、三先地域ネットワーク委員長 中西純子さんとNPO法人 悠々会 ゆうゆう美波途管理者 西田卓司さん、築港地域 天保山第5コーポ町会長 乾 勝信さんから取り組み報告をしていただきました。

180627_img03.png

【波除地域】
波除地域民生委員会 眞田さん

180627_img04.png

【三先地域】
三先ネットワーク委員会 中西さん
NPO法人 悠々会 西田さん

180627_img05.png

【築港地域】
天保山第五コーポ町会長 乾さん

180627_img06.png


高齢者・障がい者・子どもなどあらゆる人を孤立させないこと、また、生活のあり方や生きがいなどを高めていくため、地域で支える仕組みの必要性や各種団体の垣根を越えた連携の重要性などが盛り込まれた素晴らしい取り組み発表でした。



地域にはさまざまな方がおられます。
高齢者、障がい者、子どもと支援の対象を決めつけず気づきのアンテナを持ち、お互いに見守り見守られることが大切だと思います。
そして、それぞれ違った感性で、気になる人、心配な家を出し合い、それを共有することで、よりきめの細かい見守り活動につながっていきます。

最後に新崎先生は「人は必要とされることを必要とする」との言葉で締めくくられ、見守る側と見守られる側と決めるのではなく、お互いに関係性を築き合うフラットな関係性が大切だと思いました。

参加者の方からは、「新崎先生のお話がわかりやすく、楽しかった。」「横のつながりが大切で、災害時においても日頃の見守りが必要だとわかった。」などたくさんのご意見やご感想をいただきました。




折り紙教室
6月25日 月曜日 晴れ

今日から、ふくかふぇで始まった「折り紙教室」に、たくさんの方が参加されました。今日のテーマは『カラフルゴマ』。それぞれ好きな色の色紙を3枚使って、おしゃべりを楽しみながら折っていました。
色とりどりの花が咲いたようにステキな『カラフルゴマ』が出来上がりました。
来月は何を折るのか、今から楽しみ♪

20180625_1_img01.jpg

次回 7月23日(月)13:00~ ふくかふぇ
ぜひご参加くださいね!
「見守り相談室」築港地域
6月22日 金曜日 晴れ

「見守り相談室」では支援の必要な方の名簿を作成し、地域での日頃からの見守り活動を通して、災害時の避難支援に役立てていただけるようお渡ししています。

事業が始まって3年。今年度は「孤立させない地域」というキーワードで、名簿の活用方法や地域活動、見守り活動の意味や意義、これからの地域の目指す姿についてネットワーク委員さんや民生委員さんのご意見も伺いながら、順次各地域を回ってお話しています。

20180622_2_img01.jpg

本日は、築港地域のネットワーク委員、民生委員の合同委員会に参加させていただきました。

大きな地震の後ということもあり、ネットワーク委員さん、民生委員さん、地域包括職員が担当の丁目ごとに分かれ、地域で把握している独居高齢者名簿と「見守り相談室」がお渡ししている名簿を照らし合わせ、支援が必要な方の情報の共有や、18日に起こった大阪地震の際の安否確認などについて、みなさん真剣に話し合いがなされました。

20180622_2_img02.jpg

今回の地震で「震災は他人ごとではない」という認識が更に高まっている今、普段からの見守りの大切さ、各団体の垣根を越えて連携していく必要性などを共有し、とても有意義な時間が持てたと思います。


7月は田中地域、港晴地域の民生委員会に伺います。
「見守り相談室」南市岡地域
6月22日 金曜日 晴れ

「見守り相談室」では支援の必要な方の名簿を作成し、地域での日頃からの見守り活動を通して、災害時の避難支援に役立てていただけるようお渡ししています。

事業が始まって3年。今年度は「孤立させない地域」というキーワードで、名簿の活用方法や地域活動、見守り活動の意味や意義、これからの地域の目指す姿についてネットワーク委員さんや民生委員さんのご意見も伺いながら、順次各地域を回ってお話しています。

本日は南市岡地域の食事サービスに参加させていただき、そのあとで行われたNW委員会にてお時間をいただきました。
テーブルには満開のアジサイの花が生けられ、季節感たっぷりです。
上品でカラフルなお弁当は食欲をそそり、具だくさんの手作りお味噌汁にほっこりさせていただきました。

20180622_1_img1.jpg

各テーブルでは18日の大阪地震が話題になっており、こうして元気で顔を合わせることができて本当に良かったと話されていました。

今回の地震に「震災は他人ごとではない」という認識が更に高まっている今、安否確認に役立つ要援護者名簿の活用法の話にみなさん真剣に耳を傾けてくださいました。

20180622_1_img2.jpg

災害時に支援の必要な方を日頃からみんなで把握しておく、つながりを持っておく、そしていざという時にはお互いを気にし合う・・・そういった関係性を作っておくことの大切さを共有ができ、とても有意義な時間となりました。

22日夜はネットワーク委員、民生委員合同委員会に伺います。
「見守り相談室」港晴地域
6月13日 水曜日 晴れ

「見守り相談室」では支援の必要な方の名簿を作成し、地域での日頃からの見守り活動を通して、災害時の避難支援に役立てていただけるようお渡ししています。

事業が始まって3年。今年度は「孤立させない地域」というキーワードで、名簿の活用方法や地域活動、見守り活動の意味や意義、これからの地域の目指す姿についてネットワーク委員さんや民生委員さんのご意見も伺いながら、順次各地域を回ってお話しています。

本日は、港晴地域のネットワーク委員会に参加させていただきました。

20180613_img01.jpg

災害時に支援の必要な方を日頃からみんなで把握しておく、各団体の中でもつながりを持っておく、そしていざという時にはお互いを気にし合い、無事の確認ができる・・・。
そういった関係性を普段から作っておくことの大切さについて共有ができ、とても有意義な時間となりました。

ネットワーク委員さんからもたくさんご意見がでたのですが、「前から思っていたことが言えてよかった」「他のメンバーの考えも聞けて良かった」と感想をいただきました。

22日は南市岡地域の民生委員会に伺います。
弁天小学校 福祉教育
6月12日 火曜日 晴れ

先週に引き続き、弁天小学校の福祉教育へ行ってきました。今日は、『聴覚障がいを知ろう』という内容で、港区聴言障害者協会から内畑さんと、手話サークルみなとから西澤さん・土田さんに来ていただきました。


手話サークルの方に手話の歴史や、簡単な手話単語、あいさつなどを教えてもらいました。
また、聴言障害者協会の内畑さんには、耳が聞こえなくて怖い思いをしたことや嬉しかったことの話をしてもらったり、自宅で使っている便利グッズを見せてもらったり、“聞こえないこと”がどういうことかをわかりやすく説明していただきました。


4年生の音楽で習う歌♪ビリーブ♪を手話で教えてもらいました。子どもたちは大きな声で歌いながら、手話でも歌ってくれました。
事前に指文字表を配布していたこともあり、子どもたちが名前を表せるように練習してくれていたので、とてもビックリしました。
“聞こえない”体験をすることは、できないけど、“聞こえない”ことが、どういうことか、少しわかってもらえたら嬉しいです。
内畑さん、西澤さん、土田さんありがとうございました。

20180612_1_img01.jpg
cafeナカ企画 篆刻教室を開催しました。
6月9日 土曜日 晴れ

この企画は、好評につき第3弾! 今回も区内の長谷川印章の長谷川さんに教えていただきました。

20180609_img01.jpg

まずは、お手本。参加者の皆さんは先生の手元を真剣に見ておられました。

20180609_img02.jpg

作業開始!!
「皆さん、休憩しながらやってくださいね~」と先生の声掛けがあるほど、一気に集中されました。

20180609_img03.jpg

出来上がった石印に先生に側款(日付と名前)を入れていただき完成です。
文字は草書や金文。
皆さん、落款に使ってくださいね。
※落款とは…「できあがったしるしをいれる」という意味。自分の作品であることを示し、作品を引き立たせる役割があります。

20180609_img04.jpg

本日参加者の皆さんの作品です。素敵ですよね。

長谷川さん、今回もありがとうございました。
好評につき第4弾!よろしくお願いします。
弁天小学校 福祉教育
6月6日水曜日 雨

弁天小学校の福祉教育へ行きました。4年生3クラスが『盲導犬と暮らしている人の話を聞こう』というテーマで、視覚に障がいのある山本 美恵子さんと盲導犬のフェリシアに来ていただいて、お話を聞きました。

201800606_1_img01.jpg


授業では、盲導犬の仕事内容についてや、子どもの頃の話、『何でもやればできる!』と水泳や卓球などに挑戦されたことなどを話されていました。
また、普段から使っている時計や、工夫された三角定規などを紹介してもらったり、教室の中を山本さんとフェリシアが歩く様子を見せてくれたり、とてもわかりやくお話をしてくれました。

201800606_1_img02.jpg

201800606_1_img03.jpg
溝に合わせて、この三角定規をスライドさせると平行線が書けるよ!


もし、電車の駅でホームのギリギリを、盲導犬と歩いている人や、白い杖を持って歩いている人を見かけたら、「危ない!」と腕を持って止めてほしい。その他の場面で、困っていそうなときは正面から「何かお手伝いすることはありますか?」と声をかけてほしいと、子どもたちにお願いされました。

山本さん、フェリシア、今日はありがとうございました。