第3回災害ボランティア講座
10月31日土曜日 はれ

災害ボランティア講座の3回目を開催しました。

「手を差しのべたいけど、どうしたらいい?」
避難所であなたが支援できること、身近な素材を工夫次第で簡単応急処置

日本赤十字社 大阪府支部から3名の講師がお越しくださいました。

避難所生活が長くなると、プライバシーが保てない、体の清潔が保てない、トイレの使用が困難になる・・・など様々なストレス要因と普段と違う慣れない環境の中、どんな方でも少なからず心身共に影響を受けます。
そんな中での対応として一番大切なことは、
「正確な情報を伝え事態を把握してもらうこと」
「あなたに起きている反応は正常の範囲のことで心配ないことを伝えること」
「他人とのつながりを安定させ、安心感を与えること」
そして何より、少しでも早く普段の生活に近づけるよう、個々に配慮した環境を整えていく必要があります・・・と話されました。

20151031_img01.jpg

特に高齢者は影響を受けやすいと言われているため、優しく手を取って、また、背中をマッサージしてさすりながら、触れながらお話を聞くこと、
ありのままの感情をそのまま受け止めむやみに励まさない「傾聴」で、不安を取り除き少しでも安心感が得られるようにすることが大切なことになってきます。

20151031_img02.jpg

災害により、傷つき不安に押しつぶされそうになっている心のケアは、お互いの心がけ次第でできることだと感じました。

その他、避難所生活で気を付けたい病気や症状として、
①生活不活発病(動かないでいることにより動けなくなる)
②脱水
③風邪、インフルエンザ
を挙げられ、気分転換に運動することや、こまめな水分補給、手洗い・うがい・換気などが大切になってくることなどを教えてくださいました。

20151031_img03.jpg

後半は、「身近な素材を工夫次第で簡単応急手当」ということで、
・腕を固定するときのパンスト・雑誌・バンダナを使った三角巾
 (応用で、パンストの代わりにカーディガンやバンダナをつないだものを使用)
・頭をけがした時のパンスト・バンダナで包帯
・防寒用に毛布を着物のように着る方法
・風呂敷2枚で、リュック

など、本当に役立つ目から鱗の内容で、みなさん目を輝かせて体験されていました。知恵と工夫次第で様々代用ができることを学ばれたと思います。

20151031_img04_2.jpg

感想では、「大変勉強になった」「傾聴の大切さ、がんばりすぎない・・を改めて学ぶことができた」「見ているだけと自分で体験するのとでは全然違う」「パンストの多様な活用法に驚いた」などの声があり、大満足の内容でした。

次回11月7日(土)10:00〜12:30は、最終回です。
そして「いざ!ボランティア」というときの心構え!
災害ボランティアセンターって?
自分の安全管理(注意すべきケガや病気)
思わぬことが起こったら(ワークショップ)
ふりかえり
男の料理教室
10月30日 金曜日 晴れ

港区保健福祉センターで今年2度目の「男の料理教室」を開催しました。
この料理教室は平成9年から実施されているもので、今回は12名の方々にご参加いただきました。
今回も、港区保健福祉センターの中山栄養士と港区食生活改善推進員協議会「桜栄会」の皆さんにご協力いただきました。

調理前には中山栄養士から「主食・主菜・副菜」を揃えることの重要性や、健康的な食生活のポイントなどの話があり、ボードに貼った食材の絵を見て「筋肉になるのはどの食材?」「すぐにエネルギーになるのは?」等の質問が出されると、「さかな!」「炭水化物かな?」などと、皆さん元気よく答えておられました。

20151030_02_img01.jpg

さて、本日のメニューです
主 菜:魚と野菜のフライパン蒸し
副 菜:ヘルシーチャプチェ
汁 物:切り干し大根とわかめのスープ
おやつ:ごぼうのココアケーキ

野菜たっぷり 健康食です。

20151030_02_img02.jpg

今回は、全員がリピーターの方々だったこともあり、調理が開始されるとそれぞれが分担を決め、てきぱきと動いておられました。

20151030_02_img03.jpg

20151030_02_img04.jpg

20151030_02_img05.jpg

20151030_02_img06_2.jpg

20151030_02_img07.jpg

20151030_02_img08.jpg
早速、いっただっきま~す。

魚のフライパン蒸しは野菜がたっぷり! ポン酢を少しかけてもおいしいですよ。
ヘルシーチャプチェは文字通りヘルシーです。胡麻油風味が効いています。
切り干し大根とわかめのスープとあわせて、繊維質がたっぷり♪
おやつのココアケーキは、ごぼうが入っているとは思えません! びっくり!(@_@;)

20151030_02_img09.jpg
美味しかった~ 完食~~~!

食事中も生活習慣病の話や今日のメニューについて話されており、「やっぱり野菜は大事やな~」と、健康には関心が高く思えました。

来年度開催の折には、またのご参加お待ちしています。)^o^(
パソコン講習会を見学してきました。
10月30日金曜日 はれ

夕凪に大阪市立港区老人福祉センターがあります。本日はここで開催されているコース別講座「パソコン講習会」の見学に行ってきました。

20151030_01_img01.jpg

伺った10月30日と31日は初心者向け講座「初めてのパソコン講習会」で11月2日は「エクセルでカレンダーをつくろう」11月4日と5日は「年賀状を作ろう」11月16日と17日は「ポスター。チラシをつくろう」など難易度や目的別になっていますのでやりたいことがすぐに取得できます。

20151030_01_img02.jpg

この他にも11月は「作品展示会」「成年後見人セミナー」「センター杯囲碁・将棋大会」「ミニミニフラワーアレンジメント」などのイベントなども開催されますので興味のある方は下のリンクをご覧ください。
港区老人福祉センター イベント情報一覧

老人福祉センターは、地域で暮らす高齢者の方々が、健康で明るい生活を営むために必要な生活相談等を行うほか、各種教養講座を実施するとともに、趣味、活動、レクリエーションの機会提供、老人クラブへの援助などを行っています。ご利用対象は60歳以上の市民の方です。ご利用に際しては氏名、住所等の登録が必要です。
お問い合わせ先:大阪市立港区老人福祉センター
〒552-0004 大阪府大阪市港区夕凪2丁目5−22
電話:06-6575-1368
車いすについて知ろう
10月29日木曜日 はれ

弁天小学校に福祉教育に行ってきました。
「車いすについて知ろう」です。 

車いす体験を通して、地域に住むさまざまな人たちが、気持ちよく過ごすにはどうしたらいいだろう・・・と考えてもらいました。

まずは、「けんちゃんの誕生日」という紙芝居。
紙芝居の内容は・・・
車いすで町中へ出かけた あやお姉ちゃんが、放置自転車がたくさんあるところで車いすごと転倒してしまい、ちょうどそこに居合わせたけんちゃんとおじいちゃんが、あやちゃんを助け、救急車を呼びました。
けんちゃんはお見舞いに行き、お姉ちゃんから、町中を移動していると、困ることがいっぱいあることを聞きます。
身近な人が困っている話を聞いて、初めてけんちゃんは自分事のように感じ、自分にもできることがあるかもしれない・・・と考えます。
そこから、けんちゃんは、スーパーで買い物をしている途中、ベビーカーの方にドアを開けてあげたり、上の段にある品物を取ってあげたりするようになりました。

けんちゃんは、おじいちゃんが電車で席を譲ってもらって嬉しかった話を聞き、自分も傘を忘れたときに友達に貸してもらって嬉しかったことを思い出します。
けんちゃんの胸に、おじいさんの「お互い様」・・・という言葉が入ってきました。


・・・・というようなお話でした。

20151029_03_img01.jpg

その後、ブルーシートで作ったがたがた道、マットを使って段差、跳び箱の踏み台でスロープ・・・と町の中にありそうな道を再現し、体験してみました。
乗っている人に、安心安全に乗ってもらえるよう、命を預かったくらいの気持ちで取り組みましょう・・・と伝えると、

20151029_03_img02.jpg

みんなゆっくりしっかりと安全に押してくれました。

感想では、「ただ乗っているだけだと思っていたけれど、いろんな道があると怖いなと感じた。」「車いすを押すのも、いろんな道があって大変だと分かった。」などがありました。
押してくれる人で、乗っている人の気持ちも違ってくるものです。
この人なら安心・・・と思われるように押せたらいいですね♪

最後に、児童の皆さんに向けて
みんなが、消しゴムを忘れたとき貸してもらって嬉しかったように、けんちゃんが傘を忘れたときに貸してもらったら嬉しいように、車いすに乗っていて誰かに助けてもらったり声をかけてもらったりすると、同じように嬉しい気持ちになります。
その人によって、状況によって困っている内容って違うけれど、その人の立場になって考えられたらいいですね・・・と締めくくりました。

地域に住むみんなが、けんちゃんのように、少しずつ優しい気持ちを持って、誰にとっても住みやすい町になるといいですね。
手話を使ってみよう!
10月29日木曜日 はれ

弁天小学校の福祉教育へ行ってきました。
「手話を使ってみよう!」です。

聴覚障がい者の内畑輝子さんと、手話サークルみなとの西澤美佐子さん
楠田睦子さん、藤本真澄さんから、手話ってどんな人が使うのか?
耳が聞こえないと、どんなことに困るのか?どんな事が嬉しかったのか?を
お話をしていただきました。

20151029_02_img01.jpg

生活の便利グッズを紹介!!
何に使うのかなぁ~

20151029_02_img02.jpg

さあ~実際に手話を使ってみよう!!
「ゆうやけこやけ」を一緒にうたいました♪

20151029_02_img03.jpg

20151029_02_img04.jpg

クラスの子どもたち全員が手話で自己紹介をしてくれました

どうやって手話をおぼえたんですか?右手・左手は関係ありますか?と質問してくれたり・・
手話で自己紹介をして緊張したけど名前をわかってもらえてうれしかったです。目覚ましが工夫
されているなぁと思いました。と感想を言ってくれました。
みなさん、大変によくできました。\(^o^)/頭の上で手をキラキラキラ(手話で拍手)
点字にふれてみよう!
10月29日木曜日 はれ

弁天小学校へ福祉教育に行ってきました。
「点字にふれてみよう!」です。

波除にある「大阪盲ろう者友の会」の田中康弘さんから、盲聾者(もうろうしゃ)(目も耳も不自由な方)についてのお話や、点字・指点字について、ブリスタという点字を打つ機械などについてお話をしていただきました。

田中康弘さんと一緒に、通訳介助者の池田さん、手と手とハウスの職員の松本さんも来てくださり、子どもたちの目の前で「指点字」をしてくださったり、ブリスタの使い方を教えてくださったりと、お話だけでなく実際に見たり使ったりしながら学習しました。

20151029_01_img01.jpg

20151029_01_img02.jpg

「自分の名前を田中さんに読んでもらってうれしかった~」「打ち間違えて、3回もやり直した」
「ブリスタを作った人がすごいとおもった」など、様々な感想がありました。

 みなさん、まじめに一生懸命学習していました(*^_^*)
三先地域防災ワークショップ
10月28日水曜日 晴れ

三先会館で「三先地域防災ワークショップ」が開催されました。男性も女性も参加されており、約40名の方がおられました。

港区社協からは、「災害時要支援者」についてのお話と、車いすの取り扱いなどについてのレクチャーをしました。

20151028_2_img01.jpg

 災害時要支援者についてのお話のあとは、駐車場に出て車いすを使っての実技をおこないました。
実技では、要支援者役と介助者役に分かれて、実際車いすを動かしたり、床に寝ている方を車いすに乗せたりしました。

お互いに「それ違うで~」「こうするんやろ??」などと声をかけ合いながら、真剣に取り組んでおられました。

20151028_2_img02.jpg

女性だけの班の中には、床から車いすへ持ち上げることができない班もありましたが、非力な女性だけで人を持ち上げるのはとても大変です。ですから、無理をしてまで「自分がしなくてはいけない!」ということはありません。

方法を知っている人が地域で広めていくこと、またいざという時に指示を出せる人がいることがとても大切だと思います。

社協も「広めていくこと」でお手伝いできればと思っていますので、気軽にお声かけください。

これから、各地域で避難所開設訓練が実施されますので、ぜひお住まいの地域の訓練に足を運んでみてください(*^_^*)
築港大運動会に行ってきました~♪
10月28日(水)晴れ

港区社会福祉施設連絡会の「つながりきっかけパンフレット」がきっかけで、7月に『七夕祭り』を合同で開催した築港デイサービスセンターと築港保育園ですが、今回『築港大運動会』を開催されました。

20151028_1_img01_2.jpg

園児さんとデイサービスの利用者さんとの入場で始まり、玉入れ、借り物、パン食い競争、リレーなどの競技を行いました。

20151028_1_img02.jpg

最後に園児たちのダンスの披露がありました。この時デイサービスの利用者の皆さんが笑顔になりとても喜んでいらっしゃたのが印象深かったです。

20151028_1_img03.jpg

今後も素敵な“つながり”が生まれることを期待しています(*^_^*)
市岡防災WS
10月27日火曜日 はれ

市岡小学校多目的室で「市岡地域防災ワークショップ」が開催され、約40名の方々が参加されました。
港区社協からは、「災害時要支援者」についてのお話しと車いすの取り扱いなどについてのレクチャーを行いました。

大切な視点は、
〇要支援者を知る 〇要支援者について想像する 〇工夫できることを考える 

20151027_img01.jpg

20151027_img02.jpg

実技は、全員には体験していただけませんでしたが、体験された方からは「キャスターを上げるときは気を付けないと、結構角度がつくなぁ」「力の加減が難しいなぁ」との声がありました。

これから、各地域で避難所開設訓練が実施されます。ぜひお住まいの地域の訓練に足を運んでみてください(*^_^*)
災害ボランティア講座
10月24日土曜日 はれ

災害ボランティア講座(基礎編)「知って得する!防災知識の1・2・3!」
第2回目、「カードゲームで避難所運営を学ぶ!」です。

「災害が起きました。さあ、小学校に避難所立ち上げをしなければ!」という想定で、各班で話し合い、避難してくる人やさまざまな情報に対して、みんなで話し合いながら対応する避難所運営カードゲームです。
20151024_img01.jpg

高齢者、けがをしている人、赤ちゃんを連れている人、認知症の人、障がいのある人、外国の人、避難してくる方々の中には、さまざまな方がいらっしゃいます。
まずは場所割り、そこからそれぞれの方々の部屋の振り分け、提供された備品をどこに置くのか、などカードの指示に従い、進めていきます。

20151024_img02.jpg

段々と班の中でみなさんの意見を集約するようなリーダー的な方も現れ、また、グループの中での決め事や方針などが何となく決まってくると、最初なかなか決まらなかった班もサクサクと進みだしました。

20151024_img03.jpg

最後は、各班がどのように考えて、避難所運営を行ったかをプレゼンテーション。
するとだいたい、要支援者と言われる方への配慮や、動物のことなど、悩んだ点、苦労した点が似ていて、それに対してそれぞれの意見を尊重しながら決めていかれたようでした。

このゲームを通して避難所の状況を知ることができたこと、その中で意見の食い違いがあっても歩み寄りながら考えていく・・・というような作業が体験できたことを、みなさんとっても喜んでくださいました。

次回は、10月31日(土)「手を差し伸べたいけどどうしたらいい?」です。
三先のラジオ体操
10月23日金曜日 はれ

以前このくしゃきょん日記でもご紹介いたしました
ラジオ体操
三先ラジオ体操
このラジオ体操は、平成25年度に策定しました『三先地域福祉活動計画』の取り組みの一つです。
近隣の人たちと一緒にいきいきとくらし続けることができるか不安である。」という課題に対し、「ラジオ体操をツールとして、健康増進、仲間づくりの和を広げる。」という取り組みがあげられ平成26年4月から障がい者施設『ゆうゆう美波途』と地域の皆さんが一緒になってやっておられます(月曜日~金曜日 午前10時~)

20151023_img01.jpg

平成27年10月で地域の皆さんと一緒になって1年半。すっかり地域の方々の日課になっているようです。夏の暑い期間と冬の寒い期間は休まれる方も増えますが、大体毎回顔を出される方も増えて、地域の方の見守り支援としても機能しています。
今度平成27年11月13日(金)に三先公園で全国ラジオ体操連盟公認1級ラジオ体操指導士の方による運動サポーターステップアップ講座が開催されます。興味のある方は是非当日三先公園へ。

イベント名:運動サポーターステップアップ講座
日時:平成27年11月13日(金)10:00~11:00
場所:三先公園(雨天時:三先老人憩いの家)
【お問い合わせ先】三先老人憩いの家 電話:6574-4248
【主催】
三先地域ネットワーク委員会
港区保健福祉センター 保健福祉課(保健活動)
子育て啓発講座
10月22日木曜日 はれ

子育て支援啓発講座の第2回目
「大人が変わると子どもが変わる♪」
〜発達障がいのある子どもの豊かな心を地域で育てよう〜

を開催し、梅花女子大学 心理子ども学科 の伊丹昌一先生にお越しいただきました。

今回、50名の募集のところ大幅に上回るお申し込みがあり、発達障がいへの関心の高さと、
また、お申し込みの際に、「港区で伊丹先生のお話を聞けるなんて嬉しい」「伊丹先生の噂を聞いて、聞きたいと以前から思っていた」などのお声があり、伊丹先生人気も実感しました♪

20151022_img01.jpg

発達障がいに関する基礎的な知識を、さまざま事例を挙げながら分かりやすく解説されましたが、伊丹先生の視線は、常に育てる親に寄り添っていて、当事者の子どもに優しくて・・・・とても温かな気持ちになりました。

20151022_img02.jpg

子どもたちに関わっている中での楽しいおもしろいエピソードを加え、一生懸命になりすぎて視野が狭くなってしまいがちな保護者の気持ちの持ちようや、逃し方も上手に伝えてくださったように思います。

誤解と偏見の中で育てている親のしんどさ、子どもの生きづらさを、ご自身の経験の中で身をもって知っておられるからだと感じました。

「生きづらさ」「不都合」は環境次第でなくすことができる。
発達障がいであろうとなかろうと、その子一人一人を見て、その子に合ったやり方、みんなに参加できる環境を考え、そして何かができた時には必ず褒めることが大切・・・・・。

「周りの大人が変われば、必ず子どもが変わります」「どの子もやり方さえ分かればできることがぐっと増える」など、大人が視点を変えて環境を整えていくこと、また、関わりについては失敗を恐れず、いかにたくさん関わろうとするか・・・が大切だとお話になりました。

失敗したらまたやり直したらいいのです・・・の言葉にみなさんホッとされたようでした。

伊丹先生の座右の銘は「子どもたちは希望」
障がいがあろうとなかろうと、どこで生まれ育とうとも、子どもたちはすべて同じ存在です。すべての子どもたちが希望を持って今を生きてくれることが、この国の希望です。

伊丹先生の言葉を胸に、港区においても、地域・学校・家庭でしっかりと子どもたちを見守ることができたら・・・と思います。
大阪市社会福祉大会
10月21日水曜日 はれ

大阪国際交流センターにて「平成27年度 大阪市社会福祉大会」が開催されました。

20151021_img01.jpg

大阪市内で長年にわたり、地域福祉推進のためにご尽力されている方々への表彰状及び感謝状の贈呈が行われました。

20151021_img02.jpg

表彰された皆さま、本当におめでとうございました。
みなとクリーンUP作戦
10月20日火曜日 はれ

今日は「みなとクリーンUP作戦」の日。
このイベントは10月25日開催の大阪アラソンに向けて、「大阪に来られる方
をきれいなまちでお迎えしましょう」と区内の様々な団体や個人の方が10月20日に港区内を清掃する活動です。

わが港区社協も「ひまわり」周辺の地域一帯を5グループに分かれて清掃開始!

20151020_img01.jpg

昼休み時間の30分程度のわずかな時間でしたが、ペットボトルや空き缶、たばこの吸い殻、落葉などのごみが集まりました。

20151020_img02.jpg

急きょ、ベラジオコーポレーション株式会社の方も参加してくれました。
「私たちが暮らすまち」は私たちの手で美しくしたいですね。
みなさんも「きれいなまち港区」のために、クリーンUPにご協力をお願いします。

20151020_img03.jpg
区民まつり
10月11日日曜日 くもり

第41回 港区民まつりが開催されました。
とっても過ごしやすい一日でたくさんの区民の方が参加されました。
開会式にはくしゃきょんも参加しました♪

20151011_img01.jpg

今回の区民まつりは、昨年に引き続き「防災」がテーマです。
区社協ブースでは、身近にある物で防災グッズ作りをしました。

①防災豆知識本作り
②キッチンペーパーで簡単マスク作り
③スーパーのビニール袋で三角巾作り

20151011_img02.jpg

300名近い方たちが参加してくださり、体験後はバルーンアートをさしあげました♪♪

20151011_img03.jpg

そして、物干しざおとタオルケットで作った身近なものでできる担架や災害時簡易トイレを展示し、ご紹介もしました。
20151011_img04.jpg

くしゃきょんは、今回も大人気!!
20151011_img05_2.jpg

ブースでは、緊急時、身近なもので代用品が作れることを体験していただいたことで、多くの方に興味を持っていただくことができました。

災害時は、知恵と工夫、そして周囲のみんなで力を合わせて乗り切りましょうね!!

くしゃきょんと一緒に写真を撮ってくださった皆さん、そして、区社協ブースで体験をしてくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
弁天町たんけん
10月8日木曜日 はれ

今日は、弁天小学校2年生の「町たんけん」の日!
24人のたくさんの子どもたちが、ひまわりデイサービスに来てくれました!

20151008_img01.jpg

「毎日なん人の人が来ますか?」 「ここで、何をするんですか?」と
質問をして、しっかりとメモしていました。

20151008_img02.jpg
お話しを聞かせてもらったお礼に♪運動会のうた♪を元気いっぱい
歌ってくれました。 おじいちゃん おばあちゃんも大喜びでした!!

20151008_img03.jpg
リフト車体験!

「乗りたい人?」 「は~~い \(^o^)/」
興味津々の子どもたち

体験した感想は「動かないから、怖くなかった」とニッコリ(*^_^*)

また、遊びにきてね~
韋駄天秋祭り
10月3日土曜日 はれ

「韋駄天(いだてん)秋祭り」に行ってきました。
『繁栄ワイワイ市場』&昼バル(10時〜16時)と(18時〜20時)は夜店&夜バルがありました。

20151003_2_img01.jpg

繁栄ワイワイ市場のすごいところは手作りのゲームが充実していて大人も思わずやりたくなるクオリティの高さです。

20151003_2_img02.jpg

大人も本気なので子供も本気になります。

20151003_2_img03.jpg

子供たちのゲームコーナーの横で大人も子供も大好きなバルコーナーが!!
バルコーナーは港区のほぼ全域からお店が出店されるほか、お隣の大正区からも出店がある賑わいぶりでした。

20151003_2_img04.jpg

ちなみにこの方が繁栄商店街のシンボル「繁栄韋駄天」さんです。今度由来とか詳しく紹介します。
20151003_2_img05.jpg
毎月第1土曜日はぜひ港区の繁栄商店街「わいわい市場」へ足を運んでみてください。


追記:たまたまこの日はすぐ近くの市岡下水処理場でも一般公開でした。普段見学することができない下水処理場をこの日は見学することができました。近くなので一緒に回ると市岡・南市岡地域が1日楽しめます。
20151003_2_img06.jpg
港晴地域防災ワークショップ
10月3日土曜日 はれ

港晴小学校の講堂で「港晴地域防災ワークショップ」が開催されました。

港区社協は、「災害時要支援者」についてのお話と、車いすの取り扱いなどについてのレクチャーをしました。
港晴地域は、50名近くの方が参加されており、中学生の生徒さんの姿もありました。

20151003_img01.jpg

実技では、要支援者役と介助者役に分かれて、実際車いすを動かしました。段差を越えたりスロープを下りたり・・・「あがりますよ~」「おりますよ~」とちゃんと声かけをしながら取り組んでおられました。

また、要支援者を床から車いすへ、車いすから床へ移動する実技では、悪戦苦闘しながらも「せーのッ!!」と皆さんで息を合わせて取り組んでおられました。

20151003_img02.jpg

大規模災害が起きた際には、防災リーダーの方や町会関係者の方だけで対応するというのは大変です。役員の方々は「やらなければいけないこと」がいっぱいあります。
そんな時、地元に住んでいて、地元の学校に通っていて、行動力もある中学生の皆さんの力はとても大切になってきます。

20151003_img03.jpg

今回の港晴地域のように、中学生の皆さんが地域の防災の取り組みに一緒に参加することで、地域の防災力を高めることになります。

これから、各地域で避難所開設訓練が実施されますので、ぜひお住まいの地域の訓練に足を運んでみてください(*^_^*)
港区地域包括支援センターからのお知らせ
10月1日 木曜日 あめ

港区地域包括支援センターからのお知らせ

地域認知症講座&相談会開催中!!
今年も「なるほど納得!誰にでもわかる認知症のおはなし」と題して、認知症に関する講座と相談会を10月1日から開催しています。市岡地域、弁天地域、八幡屋地域で医師会、港区保健福祉センター、区内地域包括支援センター・総合相談窓口連絡会と共同開催します。市岡地域は市岡会館で区内のグループホーム管理者の藤本康子さんを講師にお招きし、約30名の方にご参加いただきました。グループホームとは認知症の方が少人数で専門スタッフの介護を受けながら共同生活を送るホームです。ホームでの生活や介護のポイントについて実体験をもとに分かりやすくお話しいただきました。次回は10月7日八幡屋会館で開催です。また11月6日には当センターひまわりにて「たかせクリニック」の高瀬先生を講師にお迎えして開催します。時間は午後2時~3時の予定です。現在参加受付中(申し込みはひまわり内、港区地域包括支援センター6575-1212まで)です。みなさま、ぜひご参加くださいね!!

20151009_oshirase_img.jpg
共同募金
10月1日 木曜日 はれ  

弁天町駅周辺で、民生委員のみなさんと一緒に「共同募金のお願い」をしてきました!!

20151001_img01.jpg
20151001_img02.jpg

たくさんの方々に募金をしていただきました。とっても嬉しかったです (*^_^*)

募金にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました <m(__)m>

みなさんからお預かりした共同募金は社会福祉団体などに分配され、皆様がお住いの地域の高齢の方・障がいのある方・子どもたちの健全な育成のためなど、地域福祉推進のために役立てられます。


今年もみなさまのご協力をお願いいたします
赤い羽根共同募金 10月1日~12月31日