【人権研修】視覚障がい者の日常
3月17日月曜日 はれ

新たなきづき!新たな学び!みんなで考えよう♥ 区民セミナー」があり、港区弁天在住の全盲の視覚障がい者、吉岡久美さんによる「とある視覚障がい者の日常~私の生活の工夫と心の持ちよう~」というテーマでお話がありました。
久美さんとの出会いは昨年5月。
ボランティアビューロー登録の朗読ボランティアグループ「しおかぜ」さんは、港区社会福祉協議会の広報紙「アイラブみなと」や広報みなとをテープに録音し視覚障がい者に送っているのですが、久美さんはその送り先のお一人で、「しおかぜ」とテープご利用者の交流会のときに初めてお会いしました。
お若くしてさまざまなご経験をされていて、興味深いお話ばかり・・・、お聞きしているうちに、ぜひ、区民のみなさんに久美さんのことを知っていただきたいと思い、今回区役所にご紹介をしました。

内容は、
1)アイスブレイク
2)久美さんヒストリー
3)日常生活
4)誘導の仕方

です。アイスブレイクで参加者のみなさんと吉岡さん、そして参加者同士の距離がぐっと近づいたあと、久美さんヒストリーです。
久美さんは、15歳の時に病気で全盲になられました。それまで、全くふつうの生活をされていた久美さん、15歳という多感な年頃での失明に、そのころはただただ、絶望しかなかったそうです。
「夢は医者になること」・・・なのに、全てが崩れ落ち、無気力なまま日々を過ごされました。目の見える仲間と学校へ行くのが嫌で、見えない自分が人にどう見られているかを思うだけで悲しく、2年間は家で引きこもられたそうです。

20140317img01.jpg

そして、そこからの目覚ましい立ち上がり、活躍のお話は、こちらも聞いていて心が躍るようでした♪♪

さまざまな心の葛藤を乗り越え、外へ一歩踏み出したのは他でもない久美さん、踏み出したからこそ、そこから彼女の力になる方々にどんどん出逢われます♪
そして、多くの方のサポートにより、イギリスへそしてカナダへと留学され、そこでは世界と日本との障がい者に対する理解などの違いにおおいに影響を受けて帰ってこられたそうです。

久美さんの気持ちが大きく変わったという出来事、それは、イギリスのホームステイ先でのホームパーティでのこと。
自分には手伝えることがないからと座っていると、ホストマザーが「ピアノを弾いて」と言うので、断るわけにもいかず、とりあえず弾きました。
するとホストマザーはパーティー終了後、
あなたがピアノを弾いてくれたことでパーティーが盛り上がったのよ!私はピアノが弾けない。人にはできることできないことがある。お皿を並べられなくても、あなたができることをすればいい。」と言ったそうです。
この言葉に久美さんは大きな喜びと衝撃を受け、それからは、「できないことはできないと言おう」「出来る人を探していこう」と思えたということでした。

20140317img02.jpg

次に、日常生活のお話と誘導の仕方に移り、さまざまな機器を駆使して家の中で生活しておられることや、お買い物のこと、お料理のことなど質問もたくさん受けながらお話してくださいました。

周囲のサポートは、やはりありがたい、できるとき、やろうと思った時だけでいい、声をかけていただきたい、そして、日常生活における視覚障がい者に対する「音声による情報の重要性」について強くお話しされました。 港区社会福祉協議会は年間を通じて、小学校などで福祉教育を行っています。この久美さんの思いもまたその中でどんどん伝えていき、障がいがあってもなくても誰もが安心して住みやすい港区を目指していきたいと思っています。 

印象に残っているのが久美さんのお話の仕方です。とっても分かりやすくまとまっており、若さが溢れ、爽やかで快活でエネルギッシュ♪♪すごく魅力的でした
手話1日体験講座
3月15日土曜日 はれ

地域にはさまざまな障がいを抱える方がおられるということの啓発、そして、ボランティア活動の裾野を広げるため、「手話1日体験講座」を開催しました。
まずは、さわりの部分をお伝えし、手話に少しでも興味を持っていただけるような楽しい内容になっています。
講師は「手話サークルみなと」のみなさんです。

20140315img01.jpg

親子で、おばあちゃんとお孫さんで・・・という参加があったので、小学生・中学生・大学生もいて幅広い年齢層の方が参加してくださり、とっても賑やかな講座となりました。

簡単に「手話ってなーに?」というお話を聞いたあと、果物や動物の「絵カード」を見て、手話を想像してやってみたり、クイズ感覚で手話での会話の内容を当ててみたりしました。

20140315img02.jpg

次に「聴覚障がいの方がきっと喜んでくださるのでこれだけは覚えましょう」ということで、「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」のあいさつと自分の名前を言えるようにみんなで練習をし、順番に披露♪♪

20140315img03.jpg

そして、手話で「森のくまさん」「夕焼け こやけ」の歌をみんなで歌いました。

20140315img04.jpg

質問もたくさん出て、楽しいあっという間の2時間でした。
手話のやり方も時代の流れと共にさまざま変化があったり、方言のように、同じものを伝える場合でも地方で手話の表現が違っていたりとても奥が深いのですが、やはり何より大事なことは「伝えようとする気持ち」!!
手話を知ること、そして恐れずにやってみることでみなさんの世界がぐっと広がると思います。今日参加したことで、更に手話に興味が沸いたとおっしゃってくださった方、4月から始まる年間講座の「手話でコミュニケーション!!」(手話奉仕員養成講座)へ早速お申し込みくださった方もおられ、充実した手話1日体験講座となりました。
港区地域福祉活動計画策定報告会
3月13日あめ

港区民センターで「港区地域福祉活動計画策定報告会」を開催しました。
小雨が降る中、約250人が参加されました。

20140313_img01.jpg

この報告会は、昨年7月から各地域で策定を行ってきた地域福祉活動計画の総括今後の推進について皆さんと一緒に考えていきたいという思いから開催しました。

20140313_img02.jpg

まず、全地域の策定会議でお世話になりました大阪市立大学大学院の横山さんから総括をお話しいただき、続いて、甲南女子大学准教授の鈴木大介先生から「小地域活動計画の意義と推進について」お話しいただきました。

地域福祉活動計画の意義とは、つまり計画を立てるとどんないいことがあるか・・・
①地域の新たな一面を発見することができる
②参画と協働の機会となる
③住民の地域福祉力の向上
などなど・・・策定会議を重ねることにより、今まで「顔は知っているけれど話したことがない」というような方たちが知り合い、話し、協力していく。そして気持ちが一つになる。ええことだらけです。

20140313_img03.jpg

20140313_img04.jpg

こんなイイモノ、住民さんに広めない手はない!!作ってホッとする地域も多く、推進は難しいもの。地域の人たち自身が作った計画は、地域の教科書となり、いろんな福祉学習の場でも活用することができます。全ての計画を実現するのは無理があるけれども、できるところからやってみて、一つでも実現すると実感がわいてきます。

次に、この策定会議に様々な立場から参加された皆さんによるパネルディスカッション。パネラーは、港区民生委員協議会会長であり田中地区社協会長の近江会長、港区歯科医師会の丹田先生、市岡小学校校長の近藤先生、主任児童委員の森田さん、青少年指導委員の前川さん、そして、区役所保健福祉課の山上担当係長、区社協の木村主査。ファシリテーターは横山さん。

20140313_img05.jpg

20140313_img06.jpg

「最初は、忙しいのにこれ以上何をすればいいのか?と思ったけれど、4回会議を重ねいろいろな立場の人と話すことができ、問題点を共有することができた」「地域に対する熱い思いを持った人たちがこんなにいることをあらためて知った。歯科医として何ができるか考えながら参加した。」「防災学習などで子どもを中心に世代間交流をしていければ。」「地域全体が交流できるイベントを開催していきたい。」などなど、心強いコメントをいただきました。それを受けて、区役所からは「地域の方が地域のために地域自ら作成されたのが地域福祉活動計画。この素晴らしい計画をまず、全戸配布し皆さんに知っていただきたい。そして、区社協と連携して支援を続けたい」と話され、区社協としても「地域の熱い思いを実感した。すぐに実行に移せるもの、少し時間のかかるものがあるが、いっしょになって進めていきたい。策定会議にもたくさんの関係機関が参加されているので、一体になって取り組んでいきたい。」と発言しました。
皆さんの発言を受けて、鈴木先生からのコメント。
①素晴らしい実践は定期的にチェックすることが大切。そこから楽しい実践が生まれる。
②素晴らしい活動の内容を共有し、理解することが重要。推進していくには住民だけでは難しい。区役所や区社協が協働することで有意義になっていく。
と話されました。

最後に、横山さんから「会場の皆さんもともに共有し、推進していきましょう」と締めくくられました。
4月以降順次、各地域でスタートアップ会議を開始していきます。興味、ご関心のある方は、参加していただき、一緒に何ができるか考えていきましょう。
【しチャオサークル】氷あそびしチャオ!
3月11日火曜日 はれ

真っ青な空の下、今や恒例の「氷あそびしチャオ!」が開催されました!!

20140311img01.jpg

大阪プールは冬期、スケートリンクになり、リンク表面を清掃で削った氷が山になっているので、それを使って何かできないか・・・ということで、5〜6年前から大阪プールと港区社会福祉協議会がタッグを組み、この事業を実施してきております。
昨年から「みんなと子育てしチャオ会」の事務局に港区社会福祉協議会がなったことから、今回、港区の子育て支援機関が集まり、工夫を凝らして更にパワーアップした「氷あそびしチャオ!」となりました。

子どもと大人、合わせて280名を超える方々が思い思いに削った氷での遊びを楽しまれました。大盛況でみなさんに喜んでいただけました。

20140311img02.jpg

今回の目玉は、宝探し!!
タフ舟の中に隠してあるカラフルなペットボトルキャップを宝に見立て、お宝が見つかると、4体のゆるきゃら(港区社会福祉協議会―くしゃきょん、港区―みなりん、大阪プールーおさプー、八幡屋スポーツパークセンターーマイマイ)のうち好きなカードをもらうことができます♪

20140311img03.jpg

公園事務所さんが、八幡屋園のきれいな葉っぱを丁寧に乾燥させたものを用意してくださったので、ボランティアグループ「ゆうゆうクラブ」の協力で「かんむりづくり」の工作もできましたよ♪

20140311img04.jpg

4体のゆるきゃらが登場すると、ちびっ子たちは、宝探しでもらったカードの絵と見比べ、目を白黒させてびっくり!!カードの本物がでてきて大興奮です♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

20140311img05.jpg

最後は、スケートリンクの見学♪
おさプーの華麗な登場です!!素晴らしいスケーティングを披露してくれました♪
おさプーがくるくる回るたび、「すごーい!!」の声・・・、普段はにっこり優しいお顔のおさプーですが、スケートする姿はすごくカッコよかったです♪

20140311img06.jpg

こうして、なかなか普段は雪に馴染みのないこの大阪で、ほっこりひととき、「雪山での親子ふれあい遊び」を港区ならではの内容でお届けすることができました。

20140311img07.jpg

このような大きなイベントを通して各地域の子育てサロンも知っていただき、興味を持って足を運んでいただけるようにと思いを込め、各機関のチラシも配布しております。

たくさんの関わりを持ちながら、少しでもお母さんが心にゆとりを持って楽しんで子育てができるようにとしチャオ会は考えています。

みんなと楽しんで子育てしチャオ♪♪
第8回みなとふれあい福祉のひろば
3月1日くもりのちあめ

第8回みなとふれあい福祉のひろば」が開催されました。
もちろんくしゃきょんも参加★
そして港区民を中心に、960名もの方にご参加いただきました。
ありがとうございました!!

20140301_img01.jpg

今年で8回目になる「みなとふれあい福祉のひろば」では、毎年、「福祉」をテーマに、港区民センターで港図書館も含めた全館で、いろいろなコーナーを展開しています。

20140301_img02.jpg

20140301_img03.jpg

20140301_img04.jpg

3Fでは、港図書館と港図書館のボランティアさんによる絵本の読み聞かせの「お楽しみコーナー」、2Fでは、工作・手あそびなどの「遊びのコーナー」眉毛or前髪カット、マッサージの「美容・リラックスコーナー」カレーやちらし寿司、喫茶の「飲食コーナー」とわたがし、ミルクせんべい、スーパーボール。
1F通路では高齢者施設や障がい者施設によるバザーコーナー、手話コーナー、プルトップ回収も行いました。この回収したプルトップは換金しておもちゃに変えて、児童施設にプレゼントされます。
1Fホールでは、包括総合相談センターコーナー、港図書館「本のバザール」、高齢者デイセンターの発表コーナー、そしてくしゃきょんとのふれあいコーナーもありました!!また、1Fホールの舞台では、港中学吹奏楽部の演奏をかわきりに、くしゃきょんオンステージ、エイサー、チア、障がいのある皆さんのいろいろなステージなど、最後にはみんなで河内音頭を踊って盛りあがりました。

20140301_img05.jpg

くしゃきょんは今年もたくさんのお友達に、出会えて本当に嬉しかった(#^^#)
今年は、くしゃきょんのスタンプラリーも実施して、330名もの方がチャレンジしてくださいました!
みんな、プレゼントのくしゃきょん缶バッチは手に入れてくれたかなぁ?
また、来年もみんなに会えるのを楽しみにしているよ~♪