第14回 みなとこころの講座を開催しました
12月17日 土曜日 晴れ

“こころの病”という課題をもつ人々が、みんなの住むまちで、みんなと同じように暮らせるように。そんな想いを込めて毎年実施している「みなとこころの講座」。ありがたいことに、今年で14回目を迎えることができました。

161217.jpg


今回は「発達障がいを知り、寄り添う」をテーマにして、166名の参加がありました。
16121709.jpg

16121702

16121703.jpg

つづいて講演会の始まりです。発達障がいをもつ子の親として、また子育てに悩む親の支援者として、自身の経験を届けつづける「よつばもこ」さんが講師を担当してくださいました。よつばさんは、子育ての経験のなかで、「子どもの世界観」を大切にされたといいます。そのために発達障がいを知ることの重要性は、その子に寄り添ううえで欠かせないことなのだと教えてくださいました。

16121704


でも、親だけが子と向き合うことはとても大変なんだと、よつばさんは言われます。そこで、親に対する支援の必要性についても述べていただきました。たとえば「親の会」は、同じ悩みを持つ親同士が集まり、お互いにアドバイスや助言、そして情報提供をする場として各地に存在しています。またそういった場では、先輩ママが支援者となって話を聞いてくれたり、自身の経験を伝えてくれたりもします。このように親に対する支援の場は広がりつつあります。

「365日の紙飛行機」。朝ドラの主題歌でもあったこの曲をあまゆーずさんがカバーしてくれました。“人生は紙飛行機(中略)その距離を競うよりどう飛んだか、どこを飛んだのか、それが一番大切なんだ”という歌詞が印象に残っています。

16121705

本日ご協力いただいたすべての方、そして参加していただいたみなさまに感謝申しあげます。また、本日は障がい者アーティストによる絵画展も同時開催させていただきました。重ねて3名のアーティストのみなさまにもお礼申しあげます。ありがとうございました。

161217_1_img01.jpg

161217_1_img02.jpg

161217_1_img03.jpg

161217_1_img04.jpg
みなと介護家族の会 かもめ会 クリスマス会
12月6日 火曜日 はれ

みなと介護家族の会 かもめ会のクリスマス会が開催されました~!!

今回は港区在住のパフォーマー『Kibito(キビート)』さんによるマジックショー&ビンゴ大会でした。
Kibitoさんは芸名を2つお持ちで、マジックショーやジャグリングなどの洋風なパフォーマンスをするときは『Kibito』さんで、傘回しなどの和風のパフォーマンスをするときは
『豊来家 幸輝(ほおらいや こうき)』さんで活動されているそうです。

161206_img01.jpg

Kibitoさんのマジックショーは、すごく盛り上がり、驚きあり、笑いありの楽しい時間でした。

161206_img02.jpg

マジックショーのあとは、ビンゴ大会で盛り上がりました。
会員の皆さんより、先に役員がビンゴになってしまったり(笑)、景品が余り最後は全員で「じゃんけん大会」をしたりと色々とありましたが、笑顔いっぱいの楽しい時間でした。


日頃、介護や他の色んなことで頑張っている皆さんにとって、少しでも息抜きの時間になっていれば、嬉しい限りです(*^▽^*)
大阪ガスクッキング
7月13日 水曜日 雨

中央区、此花区、港区の男性ボランティアグループで交流会をしました。
場所は、毎年お世話になっている大阪ガスクッキングスクールさんです。

年に2回、こうして顔を合わせ、お互いの活動についての意見交換や情報交換をすることで、
それぞれの活動の励みになったり、刺激になったりしています。

20160713_01_img01.jpg

説明を聞いた後、3区シャッフルされた4グループでクッキング開始~♪

久しぶりに会った各区のメンバーなのですが、調理にかかると、とにかくチームワークがすごいのでいつもびっくりします(笑)!!

20160713_01_img02.jpg

大阪ガスのクッキングは、減塩メニューをいかにおいしく食べられるかさまざまな工夫がされていて、手の込んだお料理なのですが、あっという間にお料理が完成しました~!!

説明された調理法や時間をきっちり守ると、こんなに上手にお料理って出来るんだな~とにっこり♪♪

プチトマトをつぶしてのソース作りには、80歳代の方が「トマトを焼くなんてこの年になって初めてのこと!」と楽しそうに調理されていました。
                   
いくつになっても初めての体験ができるって素敵ですね❤

お食事の後は、それぞれの自己紹介タイムです。
グループの活動もさることながら、地域でのボランティアもたくさんされている方々のお話に、それぞれがとっても刺激を受ける時間です♪

「みなさんがこうしてさまざまなことに関心を持ち、地域の中で活動すること、ご自分のために意欲的に動くこと、その全てがそのまま地域福祉推進につながっているんですよ。これからも、助けあって支えあう姿、また、元気で活き活きと生きる姿が、地域のこどもたちの見本となっていると思います。」
と各区の職員からもエールを送りました。

20160713_01_img03.jpg

そして、スポーツインストラクターによる健康体操。
毎日できる、つまづき防止や背骨が丸くならない運動を教えていただき、これからも健康で細く長く活動が続けられるようお互いに頑張りましょう!!・・・と誓い合いました。

こうして、この盛りだくさんのクッキング交流会、今年もみなさんで有意義な時間を過ごすことができました♪
不登校など課題のある子どもとのかかわり方と子どもの居場所について
5月14日土曜日 晴れ

一般財団法人 office ドーナッツトークの田中俊英さんにお越しいただき、「不登校など課題のある子どもとのかかわり方と子どもの居場所について」の講座を開催しました。

「学校に行かなければいけない」という模範を一番意識して深く傷ついているのは、何より学校に行けない当人であることを踏まえ、家族や周囲から本人への関わり方のヒントをさまざま教えてくださいました。

20160514_img01.jpg

中でも印象に残ったのは、普段の会話で出がちになる「仕事」「学校」「同級生」「家族の健康」といった話題にふれることをできるだけ減らし、ゆっくり焦らずに一歩ずつステップを踏んで関わっていくことが大切だということです。
日々のことですから、家族はしっかりと意識をしながら関わっていきたいものです。

そのような対応によって、外出ができるようになった子どもが次のステップに進むのに必要なのが「サードプレイス(第3の居場所)です。
家庭(第1の居場所)」「学校(第2の居場所)」の役割・人間関係から解放され、くつろいで交流ができる「第3の居場所」の大切さについてもお話されました。


20160514_img02.jpg


また、発達障がいに関しては、見通しを示すことの大切さなど、事例を交えて分かりやすくお話くださいました。
一番頭に置いておかなければいけないことは「子どもの利益の最優先」とのことでした。
その子を取り囲む環境を整えるにあたって、何がその子にとって必要で有効であるかを、周囲や親はしっかりと考えていきたいですね。

港区社会福祉協議会のfuku café (フクカフェ)で、第2土曜日の14:00~16:00、第4月曜日の15:00~17;00に開催している「エルカフェ」は、小・中学生対象に第3の居場所づくりをしています。
青少年活動の経験が豊富な地域の方たちがスタッフとして関わり、子どもたちが安心して過ごせる場所を目指しています。
講演会「サルから始まるアプリのおはなし」
3月7日 月曜日 はれ

京都大学霊長類研究所教授 NPO法人発達障害療育センター 理事長 正高信男氏をお招きし、講演会「サルから始まるアプリのおはなし」を開催しました。

正高信男先生は、ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)という本を、2003年に出版し発行部数20万部越えのベストセラーとなった作品を執筆された方です。
内容は賛否両論あり、ちょっと過激なタイトルからも拒絶される方も多かったかもしれません。
しかし、当時、若者が携帯電話を持ち歩き、いつでも通話やメールでやり取りできるようになったことで他者との関係の持ち方まで変えてしまったということや、生活空間での公私区分があいまいになり若者は公的な場所でも傍若無人な振る舞いをするようになったなどについて、正高先生の持論は、なるほど・・・・と思われた方も多かったと思います。

20160307_img01.jpg


今回は最近の若者という話ではなく、発達障害、特にLD(学習障害)の子どものコミュニケーションのお話でした。
LD(学習障害)の一つに、読み書きに困難を伴う場合を「ディスレクシア」(難読症)と言うそうで、ハリウッドスターのトムクルーズがこの症状で苦しんだとか・・・。

例えばbとdの区別がつけにくい、「い」と「こ」を混同する、九九の一部の段だけ覚えられないなど、さまざまな症状があります。

20160307_img02.jpg


上記のような症状は、文字を覚える段階で困難が伴い、教育現場では「怠けている」と叱られたり、クラスメイトからはからかわれたり、また、親にも分かってもらえなかったりすることがあり、そのことにより、本人はさらに深く傷き、自信を失ってしまう・・・などしんどい思いを強いられてしまいます。

正高先生のお話は、もし「ディスレクシア」(難読症)に似た症状があったり、その他のアスペルガー症候群に似た症状であっても、パソコンやタブレットなどのコミュニケーションデバイスを使うことで、本人の困難を少しでも軽減することができ、社会生活でコミュニケーションが周囲と図れる可能性があるのではないか・・・という希望がもてるお話でした。


はるばる愛知県よりお越しくださいました正高信男先生ありがとうございました!

20160307_img03.jpg


アプリ紹介:コトバロメーターは、京都大学教授・正高信男(NPO法人 発達障害療育センター理事長)が、学習の困難さをもたらす認知機能と脳機構の関連について解明し、独自に研究開発した国語機能向上のためのアプリです。
コトバロメーター

コトバロメーター国語機能向上アプリ

監修:京都大学教授 正高 信男
価格:3,600円

対応機種:iPhone / iPad
対応環境:iOS6、iOS7、iOS8.1.1