傾聴予備校実習実施
9月26日 火曜日 晴れ

8月から実施している「傾聴予備校」。いよいよ最後の授業である実習を実施しました。
港区にある特別養護老人ホーム「愛港園」で、高齢者への傾聴を体験します。

170926_img01.jpg

自由参加にも関わらず30名近い参加がありました。
参加者たちは、2~4階のフロアに分かれて高齢者とお話をして傾聴を楽しんでいるように見えました。
また、港区で傾聴活動を普段からされている「ダンボの会」さんの全面バックアップのもと、参加者と高齢者のマッチングなどに協力いただきました。

170926_img02.jpg

今日は何をしにきたの?」と高齢者。参加者は「あなたと話がしたくて来たんですよ」と返します。これまでの講座で学んだことをしっかりと生かしながら、有意義な時間を過ごすことができたと思います。

170926_img03.jpg

これで、長いようで短かった5日間の日程が終了しました。今回の実習を快く受け入れてくださった愛港園さん、ボランティアグループのダンボの会さん、ご協力ありがとうございました。

170926_img04.jpg

生徒たちは、これから傾聴グループに入って活動されたり、また別の講座を受講したり、まだまだ傾聴と関わっていかれることでしょう。
傾聴はボランティアの基本でありながらとても奥が深いです。今回の学びを様々なところで発揮して、ますます勉強、そして活躍されることを主催者として期待しています!
Café deひまわりのプチイベント
9月20日 水曜日 晴れ

Café deひまわりのプチイベントの日で~す!
本日はボランティアグループの邦楽倶楽部BenBenさんです。
邦楽倶楽部BenBenさんは高齢者施設や児童施設などでボランティア活動を行って
います。
最初は三味線の演奏から始まりました♪みなさん、三味線の音色に癒されました。

170920_img01.jpg

三味線・尺八の演奏で童謡やなつかしい歌をみなさんで歌いました。
デイサービスの利用者の方も一緒に歌っていましたよ♪

170920_img02.jpg

170920_img03.jpg

邦楽倶楽部BenBenさんも「こんなに声を出して歌ってもらえるのは初めてです。」と
おしゃっていました。邦楽倶楽部BenBenさんありがとうございました。

次回10月18日(水)Café de ひまわり(おやじカフェ)プチイベントは
Let`s認知症予防です。
ふれあい喫茶さつき
9月14日 木曜日 曇り

築港会館老人憩の家で毎月定例開催している、「ふれあい喫茶さつき」にお邪魔しました。
今月から『出張健康相談』が始まりました!!
相談を聞いてくださるのは、地域の薬局「うしお薬局」の鮫島薬剤師さんです。
参加されていた高齢者の声に耳を傾けておられました。

鮫島さんも、参加されている方のお役にたてれば嬉しいです(*^-^*)
来月も来させていただきますと言われていました。


飲み終わったら、皆で まちがい探しに挑戦
あと1つが わからな~い」(T_T)
ワイワイ言いながら楽しそうでした!

170914_img01.jpg


大阪市水上消防署の堀尾消防司令補からも、防火イベントと火災警報器の交換目安に
ついてのお話もありました。


次回の喫茶は、10月12日(木)13:30~15:30 です。

170914_img02.jpg
傾聴講座
8月29日 火曜日 曇り

本日はボランティア講座「傾聴予備校」の第2講目でした。
1回目が必須科目で傾聴の基本を学び、本日から選択科目です♪

子どもの心の声を聴く~見えない相手の心を開く~ ということで、
いずみこどもAID代表 チャイルドライン支援センター理事の関戸真紀さんにお越しいただきました。

170829_img01.jpg
「少し難しくなるが、子どもに関わる方には必ず知っておいてほしい」ということでまず最初に
子どもの権利条約について話されました。
「生きる権利、育つ権利、守られる権利、参加する権利」
≪こども観≫(子どもへの考え方)
・ひとりの人間として尊重され、自ら主体的に生きる権利を持っている。
・様々な問題を解決する力を持っている。

上記を踏まえたうえで、チャイルドラインの使命は「こどもの話を聴き、気持ちを受け止め、こどもの自己決定を支援する」
活動の中で迷ったときに必ずこの原点に立ち返るとのことで、目的やミッションを常に念頭に置くことがブレずに活動するカギだと話されました。

「自分の話を最後まで否定せずに聞いてもらえる・・・」そのことが、その子の本来持っている力を発揮できる力になれば、という思いで活動しておられ、自己決定を支援するという支援のあり方は、対象がどなたであっても大切な視点として心に留めておくべき大切な点だと感じました。

170829_img02.jpg

ワークでは、「こどもの頃に流行った遊び」「本日の講座の感想」というテーマで、聞き役と話し役を交代しながらやってみました。
必ず聴いてもらえるという環境が保証されている安堵感、聴いてもらうことの心地よさを味わう経験がある人は、人の話を聴けるようになるそうです。

その後、講座終了後の参加者の活動先紹介として、ボランティアグループ「子どもたちの笑顔をつなぐ会」の活動内容を、代表の大野さんに紹介していただきました。

170829_img03.jpg

参加者からは「大切なことは子どもも大人も変わらない。」「その方の少しでも力になれるような傾聴をしたい。」などと感想をいただきました。

次回は、9月5日(火)13:00~ 
・認知症の方のお話を聴く~心と会話しよう~
・ダンボの会について
てんこく教室
6月24日土曜日 晴れ

今日はカフェナカ企画のてんこく教室が港区社会福祉協議会1階フクカフェにて開催されました。参加者は12名でした。参加者の中には港区社会福祉協議会に初めて来られた方もおられました。講師は港区内でお店を構える長谷川印章の長谷川さんです。
講師の長谷川さんに教えてもらいながら、細かい作業もあり、皆さん真剣に取り組んでいました。

170624_img01.jpg
170624_img02.jpg170624_img03.jpg

悪戦苦闘しながら、自分だけのオリジナルの石のハンコが完成しました。
参加者の皆さんお疲れ様でした。

170624_img04.jpg

次回のカフェナカ企画は8月19日(土)10:00~12:00
ハワイアンリボンレイ(ハロウィンバージョン)を作ろう♫です。
皆さんの参加をお待ちしております。
長谷川さん貴重なお時間をありがとうございました。