FC2ブログ
南市岡小学校での福祉教育
10月15日 火曜日 はれ

港区にある大阪市立南市岡小学校で福祉教育「車いす体験」「手話を知ろう」の2つが行われました。

191118_1_img01.jpg


車いす体験では、「けんちゃんの紙芝居」を見た後、
実際に乗り手と介助役に分かれて2人1組で体験してもらいました。

車いすに乗ってみて、「思ったより怖かった」「押す人が声をかけてくれたら安心する」など、こんなことが困るんだ、もし普段の道で車いすに乗る人に出会ったら、こういうところに気をつけてあげたい、など様々な気付きを子どもたちは得ているようでした。

191118_1_img02.jpg

この体験には、地域で活動する人たちや、専門機関の人たちが多く関わってくれました。
「子どもの時から地域の人たちの顔を覚えて、つながっておくことで、子どもたちが大人になった時、次は私たちを助けてくれる。南市岡の将来は明るいです。」と南市岡地域ネットワーク委員長の川渕さんは笑顔で話されていました。

191118_1_img03.jpg

一方、手話体験では、聴覚障害者団体「港区聴言者協会」さんと、区内で手話の拡充・啓発につとめるボランティアグループ「手話サークルみなと」さんを講師に招き、当事者からのお話や、簡単な手話単語、手話歌「Believe」を通じて、子どもたちに学びと交流の時間をもってもらいました。

「耳が不自由なことで何が困りますか?」児童からの質問に、当事者でもある協会会長の有田さんは、「何もないです」ときっぱり。「たとえ困りごとが起こったとしても、周囲の人たちがフォローしてくれるし、私も困っている人がいたら助けます。それはみんなも同じですよね?」と有田さんは続けます。

191118_1_img04.jpg

“障害があるから助ける”ではなくて、障害があってもなくても、何か困っている人がいたら助けてあげたい、さらには助けてほしいときは「助けて」って声に出す、アピールすることが大切。それが普段から幸せに暮らせる地域になっていくのだと有田さんは教えてくれました。


手話サークルみなと代表の西澤さんは、「子どものころに、この考えに気付くことが大切。手話はそれを教えることができるすばらしい一つの方法です」と話されます。


「車いす体験」と「手話体験」二つのプログラムを通して、児童たちは“支え合える優しい気持ち”と“困ったときはお互いさま”の心を深めました。

ぜひ、家に帰って家族に「今日こんなことを学んだよ」と教えてあげてください。
ご協力いただいた地域・専門機関、そして南市岡小学校の先生方、このような機会をいただいて、ほんとうにありがとうございました。(地域支援担当)

191118_1_img05.jpg
【田中小学校】パラアスリートと遊ぼう!
7月13日(土) くもり時々雨

田中小学校で開催された「パラアスリートと遊ぼう!(福祉教育)」に行ってきました。
この取組みは、NPO法人パラスポーツサポーター理事の大西さんの協力で始まり、4年目を迎えます。今年は土曜授業&土曜参観として位置づけられ、全校生徒及び保護者(参観)も参加しての開催となりました。区社協も今年から視覚障がいについて学ぶプログラムを担当させていただきました。


開会式ではずらりと並んだパラアスリートの方が紹介され、全員で挨拶。
その後、同校の卒業生でもある大西さんから「今日出会った選手、サポーターとできるだけ握手をしてください」、パラアスリートを代表してアンプティサッカー※の川合選手からは「今日は思い切りいろんなことにチャレンジしてください」と挨拶がありました。

20190723_4_img01.jpg

各学年、2時間にわたって教室や体育館、グランドに分かれ、様々なパラスポーツや障がいについて理解するプログラムに参加しました。


【1、2年生】
アイマスク体験「めがみえにくい」「めがみえない」って?
「じゃんけん」やアイマスクを付けてペットボトルを触ってみる体験から、目が見えないとわからない事、見えなくてもわかることについて考えました。

点字ブロックやTVのリモコン、洗濯機などの生活の中の工夫について学びました。
一緒にうなづきながら話を聞く保護者の姿も多くみられました。

20190723_4_img02.jpg

最後に目が見えない、見えにくい人がおこなうスポーツとして、目がみえる人と一緒に乗る2人乗りのタンデム自転車や、音が鳴るボールでどこにボールがあるか分かるブラインドサッカーなどが紹介されました。

「手話」体験
手話で簡単な挨拶を教えてもらい、手話歌「世界に一つだけの花」をみんなで歌いました。

20190723_4_img03.jpg

【3、4年生】
「スイミング」
 パラアスリートの水泳の選手とともに一緒に泳いだり、アイマスクを付けての水泳体験をしました。

「点字」体験
 点字の50音や名前などを教えてもらい、実際に小型点字版を使って「プレゼント」という文字にチャレンジしました。

20190723_4_img04.jpg

【5、6年生】
 「アンプティサッカー」※

 アンプティサッカーは「主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー です。アンプティサッカーの元日本代表選手である川合選手と一緒に、松葉杖を用いて片足で跳ぶ、まわる、前後に歩く、走るなどを体験しました。
 ややふらつきながら跳んだり、まわったりするこどもたちの側でバランスよく、素早く走る川合選手の姿が印象的でした。

20190723_4_img05.jpg

「車いすレーサー」
レース用車いすの試乗体験をしました。
体育館にひときわ目立つかっこいい車いすに子どもたちも興味津々でした。
はじめはゆっくり、次はスピードを出して走ってみました。
実際に試乗してみると…「難しいけど楽しい」と目を輝かせて話してくれました。

20190723_4_img06.jpg

「車いす卓球」
車いす卓球の選手と打ち合いをした後、ミニゲーム。選手一人に数人の子どもたちが挑戦しました。

20190723_4_img07.jpg

 「タンデム自転車」
 
タンデム自転車は、複数のひとが前後に並んで乗り同時に駆動することができる自転車。健常者がパイロット(前乗り選手)として前席に乗り、視力障がい者のサイクリストは後席に乗り競技を行います。
スタッフの方は「走行中は後席の選手は、前乗りの選手に任せるしかない。信頼関係が大事な競技」と話してくださいました。

20190723_4_img08.jpg

最後、体育館に集まり閉会式が行われました。
児童代表から「タンデム自転車が印象に残った。難しかったけど楽しかったです」「事前の授業(プレ授業)にもきていただきありがとうございました」と感謝の言葉とともに、こどもたちから川合選手にプレゼントが贈られました。
 川合選手からは自身の体験に触れて「アンプティサッカーに出会い、人生が変わった。
これから皆さんも様々な出会いがあると思う、仲間を大事にして欲しい。何かを行うとき、まずムリと思うのではなく、チャレンジしてみて欲しい。あきらめなければきっとできると思う」とこどもたちにメッセージがおくられました。

 最後は皆で手話歌「世界に一つだけの花」を歌い、記念撮影をして終了しました。
アスリートの皆様の今後の活躍と田中小学校の児童との今後の交流が続くことを願っています。参加の皆さま、ありがとうございました。

20190723_4_img09.jpg
【池島小学校】福祉教育
5月30日木曜日 晴れ

池島小学校の4年生を対象にした福祉教育に行きました。内容は『車いす体験』と、『高齢者疑似体験』の2種類です。
池島地域にお住いのみなさんや、地域にある施設の職員のみなさんの協力もあり、安全に実施することができました。

車いす体験では、2人1組に分かれて、“押す側”と“乗る側”の両方を体験してもらいました。基本的な車いすの操作方法を説明したあと、学校にある廊下やスロープ、エレベーターなどのコースを、安全のために1組に2名の大人が同行しながら、ゆっくりと回りました。

20190806_1_img01.jpg

『高齢者疑似体験』では、肘や膝に装具をつけたり、手首・足首に重りをつけたりして、右マヒの高齢者の体験をしました。右マヒの人の階段の上り下りや、衣服の着脱、腰が曲がった状態で高い所の物を見ることの大変さを実感してもらいました。

20190806_1_img02.jpg

また、ジェル手袋や見える範囲を絞ったアイマスク、イヤーマフをつけて、説明を聞きながら、利き手以外の手で決められたスペースに名前を書いたり、クリップやコインを摘まんだりして、手・目・耳の感覚を感じてもらう体験をしました。

この体験を通して、困っている人に手を差し伸べられる優しさを持ってほしいと思います。

ご協力くださいました地域の皆さまや施設の皆さま、ありがとうございました。
第19回手話奉仕員養成講座(入門)港区開講式
5月16日 木曜日 晴れ☀

第19回手話奉仕員養成講座(入門)の港区開講式が行われました。
今回は16名の方が当講座に参加申し込みされました。

20190527_1_img01.jpg

初日は先生の手話の動きを真似る練習から入り、指文字体験もしていただきました。
はじめてなので皆さまには自己紹介をしていただきました。

20190527_1_img02.jpg

講義初日だけに皆さま緊張されたことと思いますが、実際に手話を体験されて手ごたえを感じられたのではないでしょうか。
これから約10か月間ありますが、来年の修了式には皆さまの晴れ晴れしいお姿にお会いできるのを楽しみにしています。

20190527_1_img03.jpg
築港中学校 福祉教育

1月31日 木曜日 曇り→雨

築港中学校へ福祉教育のために行きました。
今回の内容は、『アイマスク体験・視覚障がい者の手引き誘導体験』と『車いす体験』です。港晴・築港地域の方々と、築港地域総合相談窓口・南部地域包括支援センターからの協力もあり、安全に実施することができました。


『アイマスク体験・視覚障がい者の手引き誘導体験』では、階段を昇降したり、細い道を通ったり、靴を脱いで和室に入り、2人でジャンケンをしたり、配膳の位置を伝えたりしました。見えない、見えづらい状況だと、周りの人の声かけや手助けがいかに大切かということを感じていました。

20190131_1.png

車いす体験では、くねくね道やスロープを走行したり、約10cmの段差を乗り越えたり、車いすに乗ったまま押したり引いたりするドアが開けづらい体験や、高い所や落ちた物を拾う体験をしました。車いすに乗ることで、視線が低くなり、ゆっくり押してもらっていても早く感じたり、高い所や落ちた物を拾う事の難しさを感じていました。

20190131_2.png

体験を終えた子どもたちから「ユニバーサルデザインが広まって障がいのある人もない人も仲良く暮らしていける世の中になっていけばいいと思う」や「困っている人を見かけたら恥ずかしがらずに助けてあげようと思う」などの感想があり、相手の立場に立って行動することの大切さや、今の自分に何ができるかを考えてくれたことがとても分かりました。

協力してくださった地域の皆さま、事業所の皆さま、ありがとうございました。