FC2ブログ
消しゴムはんこを作ろう!
6月16日火曜日 晴れ

今回のカフェナカ企画(注1)は「消しゴムはんこを作って手紙を送ってみよう!」とい うことで、港弁天郵便局の池山局長に来ていただき、消しゴムはんこの作り方を教えていた だきました。
コロナウイルスの影響で、なかなかできなかったカフェナカ企画。 窓を開け換気をしながら、久しぶりに開催しました。

200623_img01.jpg

本日のテーマは「折り鶴」。
折り鶴は魔除けの意味を持つとされており、打倒コロナの気持ちを込めて作業開始! 池山局長が持ってきてくださった見本をもとに、消しゴムを掘っていくのですが...難し い!池山局長に教えてもらいながら時間を忘れて楽しんでいました。

200623_img02.jpg

完成したはんこを大きな紙に押して千羽鶴に。
一枚の紙にいろんな色で飾られた折り鶴が大変きれいでした。

200623_img03.jpg

長い間、自粛期間が続いていたこともあり、参加された方から、「久しぶりで、すごく楽し かった!」「来てよかった。」と喜びの声をいただきました。 集まって顔を見て、一緒に時間を共有することの大切さを改めて感じる時間となりました。 池山局長、本当にありがとうございました。
(注1)カフェナカ企画とは...?
港区ボランティア・市民活動センター(愛称:fukucafe(ふくかふぇ))で、ボランティア さんや、企業さん、NPO 法人さんなどが、特技を活かして「先生」になり行う企画のこと。
詐欺にご注意
20042402_colona.jpg
新型コロナウイルス感染予防しましょう!
20042401_colona-1.jpg

20042401_colona-2.jpg
有償たすけあい活動出張講座(港区老人福祉センター)
2月20日(木) ☀

一昨年スタートした「港区有償たすけあい活動」ですが、活動会員の募集講座も10回を数える今回は、港区老人福祉センターで行われました。

20200707_img01.jpg

ちょっとした困りごとに、30分300円をお支払いいただく「有償」にすることで、遠慮なく依頼できるという新たな支え合い活動です。

20200707_img02.jpg

今回の講座には4名の女性が参加されました。活動内容の説明、具体的な活動実績、印象的なエピソードをお話しました。

20200707_img03.jpg

おかげさまで今回4名全員が活動会員に登録していただきました。
毎回有償ボランティアの仲間が増えて、港区のたすけあいの輪がひろがるのを実感します。

20200707_img04.jpg

専門的なことや危険のともなうことはできませんが、お掃除など家事や病院付添い、お話相手、衣類整理など区内の各方面で活躍してます。
ご利用に興味をお持ちの方はお気軽にお問合せください。
港区社会福祉協議会 有償たすけあい活動 担当:横田 電話6575-1212
築港中学校 福祉教育
1月28日(火) くもり

築港中学校へ福祉教育に行きました。1年生35名の生徒を対象に「車いす体験」と「視覚障がい者の手引き誘導体験」を実施しました。
体験の目的は、相手の立場に立つ、自分たちに何ができるか、この2つを考えることでした。
車いす体験では、設定されたコースに沿って、2人1組で慎重に進みます。地域の皆さまや近隣の社会福祉施設の職員の皆さまに協力いただきました。
生徒からは、「初めは怖かったけど、押してもらう人に声をかけてもらって安心できた」や「街で車いすに乗っている人を見かけたら優しく見守ってあげたい」などの感想がありました。

200227_7_img01.jpg

200227_7_img02.jpg


「視覚障がい者の手引き誘導体験」では、手引き体験の他に視覚に障がいのある人とのコミュニケーションをどのようにとるかを考えてもらうため、時計の針の指す方向で物の配置を伝える手法を用い、見える人と見えていない人で「お誕生日ケーキの飾りつけ」をしました。工夫次第で一緒に楽しむことができることを体感してもらえたと思います。人は情報の多くを視覚から得ている事や「伝える」ことの難しさも改めて感じられる機会となったのではないでしょうか。

200227_7_img03.jpg

200227_7_img04.jpg


これらの体験を通して、相手を思いやる気持ちと、行動力を身に着けていってほしいと思います。
ご協力いただいた地域、福祉関係者のみなさま、そして学校の先生方、ありがとうございました。