FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市港区社会福祉協議会より新年のご挨拶
20190101img01.jpg
築港小学校6年 福祉教育 認知症サポーター養成講座
12月17日月曜日 はれ

築港小学校6年生37名を対象にした福祉教育に行きました。内容は『認知症サポーター養成講座』です。今日のために築港地域の方やキャラバンメイト5名の方に協力してもらいました。


小学生用のテキストを使用して認知症が脳の病気であることを学びました。また、認知症の方への接し方の悪い例や良い例がわかる寸劇やDVDを見てもらいました。寸劇には、児童の中から2名と先生にも参加してもらいました。
授業の最後には、全員にオレンジリング(認知症サポーター養成講座受講者に渡すオレンジ色のリング)を渡しました。これから、先生を含む40名は認知症サポーターの仲間入り。認知症の人がいたら、温かく見守っていってほしいと思います。



協力してくださった、築港地域の方、キャラバンメイトのみなさん、ありがとうございました。

—————————————————
キャラバンメイトとは…
特別な研修を受け、認知症サポーター養成講座の講師ができる人たちのことです
—————————————————
190116_4_img01.jpg
善意銀行に預託いただきました。

12月14日 金曜日 晴れ


港遊技業組合様から、善意銀行にご寄附(預託)いただきました。
毎年のご寄附、本当に感謝いたします。
いただきましたご寄附(預託)は、各種社会福祉活動、ボランティア活動に有効に活用(払出)させていただきます。
ありがとうございました。

181214_img01.png
港区社会福祉協議会 fuku cafeにて
築港小学校4年生 福祉教育 車いす体験
12月14日金曜日 はれ


築港小学校4年生23名を対象にした福祉教育を行いました。この授業に築港地域の方が4協力してくれました。
まず、紙芝居「健ちゃんの誕生日」に先生にも参加してもらい、児童のみなさんに見てもらいました。
その後、車いすの使い方を説明し、2人1組に分かれて体験してもらいました。跳び箱を使って細い道を再現したので、本当に車いすに乗っている人の足元が見えづらく、慎重に押していました。
体験終了後には、たくさんの質問があり、“自分に何ができるかな”と考えながら、体験してくれていたことが伝わってきました。

身の回りに困っている人がいたら、手を差し伸べられる人になっていってほしいと思います。

協力してくださった、築港地域の皆さま、ありがとうございました。

—————————————————
紙芝居「健ちゃんの誕生日」とは…
10才の誕生日を迎えた健ちゃんとおじいちゃんが、近所に住む車いす生活をしているアヤお姉ちゃんの事故を目撃したことで、車いすを使っている人や困っている人のことをいろいろと考え、行動にも変化がうまれてくる物語です。
—————————————————

190116_1_img01.jpg

190116_1_img02.jpg
三先小学校3年生 福祉教育 車いす体験
12月13日木曜日 はれ

福祉教育のために三先小学校へ行きました。対象は3年生で、内容は『車いす体験』です。

この授業のために、三先地域の方が7名と南部地域包括支援センターから2名の方にご協力いただきました。
授業では、紙芝居「健ちゃんの誕生日」に担任の先生も参加してもらい、子どもたちは真剣に見てくれていました。
車いすの使い方説明の後は、実際に車いすに乗ったり、押したりの体験をしてもらいました。体験後に、「車いすを押すのが難しかった」、「車いすの人は家ではどうしているのですか?」など様々な質問があり、体験したことで、車いすを使っている方のことを考えていただけたかなと思います。

この体験を通して、紙芝居にもあった、“お互い様”の気持ちを忘れず、身近に困っている人がいたら、手を差し伸べられる人になっていただけたらと思います。

協力してくださった三先地域の方、南部地域包括支援センターの方、ありがとうございました。

—————————————————
紙芝居「健ちゃんの誕生日」とは…
10才の誕生日を迎えた健ちゃんとおじいちゃんが、近所に住む車いす生活をしているアヤお姉ちゃんの事故を目撃したことで、車いすを使っている人や困っている人のことをいろいろと考え、行動にも変化がうまれてくる物語です。
—————————————————
190116_3_img01.jpg
190116_3_img02.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。